4,573 views

宙組の若手娘役・美桜エリナさんのプロフィール

有名人も多い96期生で、若手娘役として活躍中の美桜エリナさん。若手ということもあってまだ出演した舞台数は多くはありませんが、徐々に本公演や新人公演で存在感を示すようになってきています。

さらなる新人公演の重要役抜擢を願いつつ、美桜エリナさんのプロフィールを紹介しましょう。

『the WILD Meets the WILD』のジェレミーを愛する、美桜エリナさんのプロフィール

福岡県太宰府市出身の美桜エリナさんは2008年に宝塚音楽学校に入学、2010年に宝塚歌劇団に入団した96期生です。

ダウンロード
<出典:http://ameblo.jp/zukasuzume48/>

同期には咲妃みゆさん、花乃まりあさん、和希そらさん、紫藤りゅうさんなど、すでにおなじみの面々もいますね。

美桜と書いて「みおう」と読みます。愛称は「ふみな」

初舞台は、2010年4月の月組公演『THE SCARLET PIMPERNEL』でした。

THE SCARLET PIMPERNEL <出典:archive.kageki.hankyu.co.jp>

その後、宙組に正式配属されてからは、『the WILD Meets the WILD』『風と共に去りぬ』『ベルサイユのばらーオスカル編ー』などの舞台に出演しました。

ところで『the WILD Meets the WILD』については、美桜エリナさん自身の思い入れがあることをご存じでしょうか。宝塚の公式サイトにも掲載されていますが、同作に登場する少年時代のジェレミーがとても好きな役だったと語っています。

the WILD Meets the WILD <出典:tca-pictures.com>

96期生という若手世代なので、現在の美桜エリナさんは主に新人公演などで活躍中です。まだ大きな役を射止めるという段階ではないかも知れませんが、世代的にそろそろ何かの抜擢があるかも?

いよいよあるか?新人公演の重要役


美桜エリナさんが主に活動の場としている新人公演の履歴を見てみると、徐々にストーリーの核心に近づく役になっていることが分かります。

2011年の『クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!』ではナポリ修業時代のサルヴァトーレという少々設定の細かい役でしたが、2012年の『華やかなりし日々/クライマックス』ではローズマリー・ブラウン役、そして2013年のバウホール公演『the WILD Meets the WILD』では本人が好きと語っている少年時代のジェレミーなど、少しずつではありますが存在感を増していることが分かりますね。

新人公演で主演を獲得するとその後大きな飛躍をするのが宝塚のお約束。

ダウンロード (1)
<出典:http://ameblo.jp/zukasuzume48/>

美桜エリナさんが今後、見事ヒロインを射止めて大きく飛躍する日を今から楽しみに待つとしましょう♪

カテゴリー
タグ 娘役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!