29,529 views

得意のダンスで堂々のヒロインデビュー!大型ヒロイン誕生の瞬間。

娘役転向後、愛希さんはすぐに新人公演ヒロインに抜擢されます。

それが2011年「アルジェの男」。研究科3年の頃でした。

プロローグで男役も娘役も一緒に踊るのですが、伸びやかに踊る愛希さんが印象的でした。

娘役になったばかりで身長の高さが本人はもしかしたら気になっていたかもしれません。しかしそこに萎縮せず、自分らしく伸び伸びと演じた初ヒロイン。清々しい姿で、一気に観客を魅了し、新たな娘役スターの誕生を感じさせました。

同年、明日海りおさん主演のバウホール公演「アリスの恋人-Alice in Underground Wonderland-」ではヒロインのアリス役に選ばれます。
アリスの恋人 愛希れいか
出典:©宝塚歌劇団 月組公演「『アリスの恋人』 -Alice in Underground Wonderland-」より

男役だったとは感じさせない、アリスにぴったりの愛らしさがたまりませんでした! 明日海さんと並ぶと本当にとってもかわいいカップルで、まさにおとぎ話から飛び出してきたようでした。

翌年の大劇場公演「エドワード8世−王冠を賭けた恋−」では、宇月颯さん演じるフレッドアステアの姉、アデール・アステア役。

宇月さんとともに、得意のダンスを披露。新人公演ではヒロインのウォリス・シンプソン役。初の大人の女性役を、美しく演じました。

この公演はトップコンビ霧矢大夢さんと蒼乃夕妃さんの退団公演。そして、この公演終了後、月組には新たなトップスターが誕生します。


1 2 3 4>>

3 / 4

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!