トレタメ記事内画像について


11,000 views

夏フェスの服装はコレ!帽子・靴・バッグなど夏フェスファッションポイント

サマソニ

夏フェスを快適に楽しむためには、ファッションが重要なポイントです!
おしゃれにばかりこだわって機能性を無視すると、せっかくの夏フェスを存分に満喫することができませんよ!!!

今回は、帽子・靴・バッグなど夏フェスファッションポイントについてご紹介します。

 

【帽子】夏の強い日差しを遮る必須アイテム

紫外線から顔や首を守るため、頭部の日除け対策を行いましょう。

帽子は、熱中症対策としても必要なアイテムです。
キャップでは横からの紫外線をカバーすることができないため、つばのあるタイプの帽子をおすすめします。
夏フェス 服

また野外で開催されることが多いフェスでは、突然の雨に見舞われることがあります。
天気の変化を考慮に入れて、水を弾くアウトドア用の帽子やレインハットを用意することも良いでしょう。

最近では色が豊富でおしゃれなデザインの帽子が揃っているので、気に入った帽子を見つけて、コーディネートの1つとして取り入れましょう!

帽子をかぶりたくない人は、大きめのタオルで代用できます。
頭からすっぽりと覆って、首筋はスポーツタオルなどを巻いて保護しましょう。
夏フェス 服

タオルは、羽織ものの代わりにできたり、汚れた部分を拭いたりできる利点もあるので持っていると便利ですし、自分のすきなバンドのタオルでアピールしちゃいましょう!!

 


【トップス】動きやすさが前提!上着も忘れずに


動き回ることや夏の暑さを考えると、活動的で体温調節もしやすいTシャツがベストです。
夏フェス 服

汗や雨でぬれると透けることがあるため、女性の場合は白や薄い色のTシャツは避けましょう。
夏フェス会場で売っているフェスの限定Tシャツを購入し、その場で着替えることもおすすめですね!

トップスのポイントは、薄手で長袖の羽織れる上着を必ず持っていくことです。
夜間にも及ぶフェスは、日が暮れると夏でも肌寒くなります。
夏フェス 服

昼間でも天気の変化によっては涼しくなることがあるため、外で行われるライブの場合にはパーカーなどの上着を持っていくことをおすすめします。

 

【パンツ】パンツはストレッチ重視!

夏フェスでは徒歩移動をすることが多くなるため、ストレッチ性に優れたパンツを履く方が動きやすく、足への負担も軽減できます。
たとえばジーンズなど、汗や雨にぬれると肌にぴったりと張り付いてしまうようなパンツは、動きが制限され好ましくありません。
夏フェス 服

ハーフ丈やショート丈のパンツが動きやすいため、おすすめです。
日中の日焼け対策や夜間の防寒のために、レギンスなどと合わせると良いでしょう。

登山用のタイツ・レギンスが丈夫で華やかなデザインのものが多いため、アウトドアショップを覗いてみると良いと思います。

 

1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

この記事を見た人はこんな記事も見ています

音楽フェスの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!