3,216 views

ファッションデザイナーの顔も持つファレル・ウィリアムスのCM起用曲3選!

ファッションデザイナーの顔も持つファレル・ウィリアムスのCM起用曲3選

ファレル・ウィリアムス <出典:gathery.recruit-lifestyle.co.jp>
第56回グラミー賞では「最優秀プロデューサー賞」をはじめ計4冠を獲得し、第57回グラミー賞では最多6部門にノミネートされたアーティストが、ファレル・ウィリアムスです。アメリカ合衆国バージニア州出身のファレルは歌手、音楽プロデューサーとしてはもちろん、ファッションデザイナーとしても世界中で注目を集めています。
ファレル・ウィリアムス <出典:onlyyoutube.net>

そんな彼の魅力的な作品の中から、CMに起用された曲を紹介します。きっとどこかで耳にしたことがあるでしょう。

CC The World(CC・ザ・ ワールド)

CC・ザ・ ワールド <出典:www.cleveland.com>

「Happy」は、イタリアの有名カーブランド、キュートで個性的なコンパクトカー「FIAT(フィアット)500」のCMに起用されました。このCMは映画『ルパン三世』とのコラボでも話題になりました。

自身の8年ぶりのソロアルバム『GIRL(ガール)』のリード・シングルとしてリリースされたこの曲は、ファレルにより作詞・作曲・プロデュースされ、映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』の主題歌として世界的に大ヒットしました。

全米ではシングルチャート10週連続1位、600万枚以上のセールス、全世界での売り上げ枚数は1000万枚に達し、22カ国でナショナルチャート1位、iTunesでは175カ国で1位を記録しました。

YouTubeでのオフィシャルミュージックビデオ再生回数は2億回を超えています。
このミュージックビデオに対し、日本を含め、世界中のいろいろな都市でトリビュートビデオが製作されるなど、ブームを巻き起こしました。


Come Get It Bae(カム・ゲット・イット・ベイ)

Come Get It Bae <出典:www.smule.com>
ソロアルバム『GIRL』に収録されている「Come Get It Bae」は、「World of Red Bull」のCMの中で、サーファー、マウンテンバイク、クリフダイバー、ダカールラリー優勝者などのアスリートやアーティストが参加した映像のBGMとして使用されました。

この曲は「UNIQLO(ユニクロ)」のTシャツブランド「UT」のCMで使用され、ミュージックビデオでファレル本人とハンガリー出身の人気モデル、バーバラ・パルヴィンが共演しました。

ファッションデザイナーとしても活躍するファレルは、「UT」のコラボレーションライン「i am OTHER」を、2014年春夏コレクションとしてリリースしています。ファッション界のカリスマNIGOとの何度にも及ぶ打ち合わせの末作り上げた、オリジナリティあふれるデザインが注目を集めました。



CC The World(CC・ザ・ ワールド)

CC The World <出典:myworldofmagic.deviantart.com>
「CC The World 」は、CHANEL(シャネル)の2014/15年 パリーザルツブルク メティエダールコレクションに合わせて製作されたショートフィルム、『Reincarnation(リインカネーション)』のオリジナルサウンドトラックです。

シャネルのクリエイティブ・ディレクター、カール・ラガーフェルドが監督した「Reincarnation」では、ファレルが、チャップリンの娘ジェラルディン・チャップリンが演じるココ・シャネルが宿泊する、ホテルのエレベーターボーイ役で登場します。ココ・シャネルが彼の着ていたジャケットからインスピレーションを得て、後にシャネルのシンボルとなる女性用ジャケットを思いついた、という実際のエピソードに基づいたストーリーです。

再生を意味する「Reincarnation」というタイトルには、エレベーターボーイのジャケットが女性用ジャケットへと生まれ変わるという意味が込められています。

ショートフィルムの中でファレルは、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世として、エリザベート皇后(愛称シシー)役のイギリス出身モデル、カーラ・デルヴィーニュと一緒に、ダンスとデュエットを披露する場面もあります。


おわりに

ファレル・ウィリアムス <出典:allsync.jp>

ファレルは音楽界だけではなく、ファッション界でも活躍しています。ファッション界のオスカーとも言われる「CFDAファッション・アワード2015」において、ファッション・アイコン賞も受賞しました。世界中で注目を集めるスーパー・マルチアーティスト、ファレル・ウィリアムスをぜひ一度チェックしましょう

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

HIPHOPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!