ロック×クラブカルチャーの融合!新時代を代表する「ここにしかないフェス」って?

インディーズバンド好きには胸熱なラインナップで話題を呼んだ「ここにしかないフェス」。4月23日(土)、第二弾出演アーティストが公表になりました!

第1弾告知
まさにここでしか観られない、これからの時代を担う他ジャンルの人気若手アーティスト続々の出演決定に驚き!今季注目のNEWフェス「ここにしかないフェス」をご紹介します。

山梨県で初開催「ここにしかないフェス」が"インディーズロック×渋谷パーティーロッカーズ"を実現!

山梨県の地域活性化をもとに、歴史ある自然のなか初開催される「ここにしかないフェス」。その名を体現する、他に類を見ない出演アーティストのラインナップを続々と発表しています。

第一弾出演アーティストはインディーズ・ロック界の新星たち

なるどら
第一弾出演アーティストとして明かされたのはインディーズ・ロック界でも一目置かれている人気新星4バンド、鳴ル銅鑼 (なるどら)/Mayhem;Overtime(メイヘム・オーバータイム)/ゴードマウンテン/モハメド。

独自の"狂気ダンスロック"をコンセプトにしたモハメドはエネルギッシュなパフォーマンスがライブ界で話題に。鳴ル銅鑼 (なるどら)は「RO69JACK 2014」で優勝した実力バンドとして注目されています。

どのバンドも音楽ジャンルとして一括りにできない楽曲を制作しており、人々を惹きつける"クセ"のある強者達です。

第二弾出演アーティストは「渋谷パーティーロッカーズ」!?

第2弾告知
そんなインディーズ界を引率する人気バンドに続き、4月23日(土)第二弾出演アーティストとして公表されたのは、全く畑の異なる"渋谷パーティーロッカーズ"。

若者を中心に新時代のクラブ・カルチャーを築く人気DJ4組の参戦が決定しました。

渋谷で今最も支持を受けている"渋谷の兄貴"こと唐澤有弥、「Party Rock Anthem」(LMFAO)の日本語版カバー「SHIBUYA PARTY ROCK NIGHT」で衝撃のメジャーデビューを果たしたあっくん。

この他にもちょんまげ勇大、DJ Am0 (アモ)、DJ PIROMU(植竹拓)とまさに渋谷を代表する面々が山梨にパーティーナイトを連れてやってきます!

"ここにしかない"音楽とカルチャー、自然の融合

ロゴのみ
インディーズロック界と渋谷を拠点としたクラブカルチャー界を引率する新時代のリーダーともいえる面々が揃う「ここにしかないフェス」。

その会場は山梨県甲州市にある神スタ広場。新宿から特急電車で1時間半の好立地なうえに甲州アルプスの頂きを眺めることができる大秘境でもあります。

最先端の音楽とカルチャー、そして山梨の広大な歴史ある大自然との融合を体験できるのは確かに"ここにしかない"ものと言えるでしょう。

第2次チケット先行販売を開始!

先日先駆けて行われた第1次チケット先行販売はすでに完売。そしてこの度4月23日(土)12:00から、第2次チケット先行販売の受付が始まります。

他ジャンルの音楽好きが注目しているためきっと今回もすぐに完売してしまうはず。今のうちにチケット入手に急いで。

----------------
▼「coco-ni-shika-nai-fes 2016 ここにしかないフェス」
【開催日時】
2016/07/16(sat)
【会場】
神金村神スタ広場
(山梨県甲州市塩山下小田原 584-8)
公式URL:http://ccfs2016.wix.com/cocofes
---------------
▼第2次チケット先行販売
4月23日(土)12:00~
http://ccfs2016.wix.com/cocofes#!blank-20/m1b7r

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!