今日からサク読み!トレタメアプリ


★読者リクエスト企画★

トレタメでは、ご覧いただいているユーザーの皆さまの「こんな記事が読みたい!」「この方を特集して!」という声にお応えしてしていきます♪
Twitterの「#トレタメ読者リクエスト」のハッシュタグでリクエストを募集中!



花組のトップスター・2番手として、魅力的な作品を作り上げている明日海りおさん・芹香斗亜さん。

妖艶で、暗く冷たい色気が魅力的な明日海りおさんと、朗らかで太陽のような明るさが持ち味の芹香斗亜さん。男役としてのタイプが正反対な2人は、舞台上での相性もピッタリ。兄弟役や友人役も多く、「みりキキ」コンビとしてファンから愛されています。

今回は、明日海りおさん・芹香斗亜さんの舞台エピソードを中心に、2人の名コンビぶりを振り返っていきましょう。

明日海りお&芹香斗亜は舞台上でも名コンビ

明日海りお
出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ
TCAオンラインショップ「ASUMI RIO フォトエッセイ 晴れでも。雨でも!!」より

オリジナル作品として好評を博した「金色の砂漠」、名作の再演「アーネスト・イン・ラブ」など、何かと”兄妹”の役を演じることの多い2人。トップコンビと2番手の関係は数あれど、結果的に兄弟となる役を演じる例はあまり多くありません。みりキキコンビならではですよね。

また、「新源氏物語」では友人役を自然体に演じていましたし、「ミー・アンド・マイガール」では「愛は世界を回らせる」のナンバーで会場を酔わせてくれました。
みりキキ
出典:©宝塚歌劇団
2016年 花組公演『ME AND MY GIRL』より

名コンビだからこそ、恋敵やライバルといった関係性が少ない傾向にあるので、今後は火花の散るような間柄の作品も見てみたいところです。

もはや伝説?花組「アーネスト・イン・ラブ」のアドリブ集

明日海りおさん・芹香斗亜さんの名コンビを振り返るにあたって、「アドリブ」の見事さを忘れるわけにはなりません。自由奔放な明日海りおさんのアドリブに、機転を利かせて対応する芹香斗亜さんの姿は、毎公演ファンを楽しませてくれました。

「アーネスト・イン・ラブ」の見どころの1つは、ジャック(明日海りお)とアルジャノン(芹香斗亜)が舞台上できゅうりサンドを食べるシーン。そのやり取りが日々違い、まさに伝説的な公演となったのです。

1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

花組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!