【感想】「ベルセルク」39巻をさっそく読んでみた!


8,937 views

新キャラが魅力的

妖精郷にたどり着いたガッツ一行。今回は新キャラがたくさん登場します!

魔術師の子供たちや、大導師、花吹雪く王、さらにはガッツの相棒である妖精パックの〇〇〇など……どのキャラもとっても魅力的!「どのキャラクターがキーパーソンになるんだろう」と考えながら読んでしまいますね。

もちろん、おなじみのギャグ要員イシドロやパックとの絡みも相変わらず面白くて最高でした!

絵の描き込みがやっぱり凄い

今までも三浦建太郎先生の描き込みはたびたびネットでも話題になっていましたが、今回もやっぱりすごかった!!

でも今回はいつもと様子が違います。

これまでは凄まじい数の兵士が登場する戦場シーンや、グロテスクな怪物がうようよしている場面など、何だか血なまぐさい絵が多かったですよね。

しかし今回は、とってもメルヘン!妖精郷に住む不思議で可愛い生き物たちが、ページいっぱいに描き込まれています。これは圧巻。

メルヘン好きの筆者にはたまらない絵の連続でした!

キャスカを救うための儀式がすごい!

元々、キャスカを助けるために訪れた妖精郷。

ついにキャスカを助けるために「ある儀式」を執り行うのですが……これがもうガッツとキャスカの過去を知っている人にはたまらないものとなっています!

今すぐ言いたいけれど言えないのが本当にもどかしいです(笑)

ベルセルクをこれまでずっと読んできたファンの方々にはぜひ読んでいただきたいですね。

40巻を早く読みたい


39巻の前半は妖精郷の不思議な世界観に心躍らせ、そして後半はもうドキドキしっぱなし……。

ラストも先の展開がとても気になる感じで終わってしまって、早くも続きが気になってしょうがない!

三浦先生!40巻早く出してください!!

-------

※無事休載が決まったようですね^^

*********

↓↓こちらも一緒にご覧下さい♪↓↓
アニメも漫画も面白い!超個人的な『ベルセルク』の魅力ランキング!!

*********

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

スタッフブログの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!