今日からサク読み!トレタメアプリ


今年の大劇場公演2作目は月組公演。

演目は、ミュージカル・プレイ「カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-」で、2017年に発刊された伊吹有喜さんの小説、「カンパニー」(新潮社)が原作の宝塚歌劇では珍しい日本を舞台とした現代劇です。

主人公はなんとサラリーマン!
街では普通に見かけますが、宝塚の舞台でサラリーマンを観ることになろうとは・・・。演じるのはもちろん、月組トップスターの珠城りょうさん。

天性のリーダーシップ、たくましい体格で月組をひっぱる若きリーダーの珠城さんですが、サラリーマン役はご本人も最初は面食らったかもしれませんね。

そんな月組公演「カンパニー」はどのような作品になるのでしょうか?原作から紐解いた情報から、予測してみましょう!

暑苦しいほどに青春!? 夢に向かうバレエ団で生きる人々の物語

カンパニー 月組出典:©宝塚歌劇団 公式HP 月組公演『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』より主人公・青柳誠二は製薬会社のサラリーマン。

原作では「誠一」でしたが、宝塚では「誠二」のようです。

妻を亡くし、落ち込む彼が出向を命じられたのは社の協賛公演を行うバレエ団。世界的プリンシパル高野悠が踊る新解釈の「白鳥の湖」を成功を導くために、バレエ団の高崎美波ほか、様々な人々とともに困難を乗り越えるハートウォーミングな成長ストーリー。

テーマである「努力・情熱・仲間たち(レッスン・パッション・カンパニー)」という側面を見せつつ、ドラマティックな舞台となりそうです。
珠城りょう出典:©宝塚歌劇団 公式HP 月組公演『All for One』よりところで、原作との相違で最大のものは、主人公の設定。

前述したように名前が違うだけではなく、原作では妻子に逃げられてしまったということになっています。流石に宝塚の舞台では生々しくなってしまうからか、妻を亡くしたということになっています。

では、原作から登場人物について見ていき、月組のキャストとの共通点や、期待されるシーンについて予測していきましょう。


1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

月組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!