今日からサク読み!トレタメアプリ


人気アニメ「劇場版名探偵コナン」の2016年の劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』の情報が解禁され、20周年に相応しい「黒の組織」に関わる話というとで早くも注目が集まっています。

2015年に公開された「劇場版名探偵コナン 業火の向日葵」はシリーズ最高の興行収入となる44.7億円という快挙を遂げ、過去シリーズの3作品が数字を更新中です。

名探偵コナン 純黒の悪夢

2016年は「名探偵コナン」シリーズのアニメ、そして劇場版が20周年を迎えるということで、ファンはもちろん制作スタッフ陣も気合が入る作品になるでしょう。

そこで今回はそんな最新作『名探偵コナン 純黒の悪夢』のみどころや注目ポイントをご紹介していきたいと思います!

「名探偵コナン」シリーズのあらすじ

1996年からアニメが放送されている「名探偵コナン」シリーズ。

高校生探偵として活躍していた工藤新一が、黒ずくめの組織の怪しげな取引現場を目撃してしまい、幼児化する薬を飲まされ江戸川コナンとして黒の組織の陰謀に迫りながら、身の回りで起きる難事件を解決していく推理アニメ。

時にシリアスに、時に面白く、アッと驚くようなトリックが満載で子どもから大人まで楽しめる作品として親しまれてきました。

さらに、放送と同じく1996年から劇場版シリーズも展開されアニメよりもスケールを大きく、よりワクワクするような内容で人気を博しています。

名探偵コナン

小学生ながらホームズ顔負けの名推理で、コナンの周りで起こる事件を次々と解決していきますが、宿敵ともいえる「怪盗キッド」との対決や核心に迫る「黒の組織」絡みの話は特に人気。

関連する作品のみを集めたSELECTIONシリーズやこれまでの怪盗キッド登場回を"怪盗キッド目線"で描いたまじっく怪斗などさまざまな切り口でファンを楽しませています。

そして劇場版シリーズも同じく、怪盗キッドや黒の組織の絡む作品はいつも以上にファンの期待値も高まっていて、映画公開日前から考察や予想などで盛り上がっています。

劇場版シリーズでは毎年その映画のラストに次回作品のモチーフやテーマが予告として公開されますが、前作の怪盗キッドが登場する「劇場版名探偵コナン 業火の向日葵」の本編終了後には黒の組織の幹部であり、新一を幼児化させた張本人である"ジン"が「キール、バーボン、まさかな」というセリフを残すという衝撃的な予告がありました。

この時点で公開された情報はこのセリフのみでしたが、ファンの間では20周年に相応しい作品になるのではという期待の声が多くあがりました。

ついに登場する"あの方"に一番近い存在「ラム」

そんな注目タイトル『名探偵コナン 純黒の悪夢』はお分かりいただけるように、"黒"がキーワードとなっています。

黒の組織とかけて9万6960枚限定で映画館で配布されたモノクロ風ビジュアルには、黒の組織のメンバーであるジンやウォッカ、ベルモットなどのおなじみのコードネームに加え、ラムの文字が。

同時に公開されたプロモーション動画"黒ムービー"では、謎のオッドアイなる人物も登場し、頂上決戦の文字で締められていました。


出典:youtube©TOHO CO.,LTD.
『名探偵コナン 純黒の悪夢(じゅんこくのナイトメア)』黒ムービー


これまで劇場版で「黒の組織」と絡んだ作品は第5作目の『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』と第13作目の『名探偵コナン 漆黒の追跡者』のみ、FBIを絡んだのは第18作『異次元の狙撃手』のみ、さらにCAIも登場する作品は劇場版初となります。

『名探偵コナン 漆黒の追跡者』では、アニメ本編にも続く重要な鍵となる"赤井秀一と沖矢昴が同一人物"であることが原作・アニメに先駆けて公開され話題にもなりました。

アニメ本編でも「黒の組織」に迫る話を待ちわびているファンも多い中、今回も劇場版で新たな情報が公開されるかもしれませんので、随所に注目しながらみることをおすすめします!

12月12日にはさらなる情報として、映画のあらすじや黒の組織を紹介する「Profile of "BLACK"」ページが追加された他、特報映像も公開されました。

「Profile of "BLACK"」ではスパイとしてCIA、FBIから潜入捜査をしているライ(赤井秀一)とバーボン(安室透)の紹介もあるので、要チェックです。


次に、あらすじやキービジュアルから『名探偵コナン 純黒の悪夢』の概要やポイントが明らかになってきたので、改めてみていきましょう。

『名探偵コナン 純黒の悪夢』のあらすじ

名探偵コナン 純黒の悪夢

ある漆黒の夜、日本警察にスパイが侵入。

イギリスの「MI6」、ドイツの「BDN」、アメリカの「CIA」など各国の諜報機関、さらにはFBIの機密データを持ち出そうとするが、間一髪のところで安室透率いる公安が駆け付ける。スパイは車を奪って逃走。

高速道路で安室とのデッドヒートを繰り広げ、他の車をも巻き込む大惨事になろうとしたその瞬間、スパイの車はFBI赤井秀一のライフル弾に撃ち抜かれ、道路の遙か下へ転落していった―。

翌日、コナンたちは東都水族館へ遊びにきていた。

リニューアルしたばかりで大盛況の水族館。

その目玉となる巨大観覧車の下で、コナンはケガをして独りたたずむ容姿端麗な女性を発見する。

見ると、左右の瞳の虹彩色が異なる、通称“オッドアイ”だった。

しかし、女性は自分の名前もわからないほどの記憶喪失状態で、所持していた携帯電話は壊れてしまっている。その記憶が戻るよう手助けをすることを約束したコナンたちは、そのまま一緒に過ごすことに―。

一部始終を陰で監視していたベルモット。

そしてその場を後にしながらサイレンサーを取り出し、装着していたインカムに言い放った。

「そのつもりよ、ジン。」


NEXT PAGE >>
""

1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!