8,922 views

劇場版『名探偵コナン』歴代興行収入ランキング

【第1位】68.9億円
『名探偵コナン から紅の恋歌』(2017年/第21作)
【第2位】63.3億円
『名探偵コナン 純黒の悪夢』(2016年/第20作)
【第3位】44.8億円
『名探偵コナン 業火の向日葵』(2015年/第19作)
【第4位】41.1億円
『名探偵コナン 異次元の狙撃手』(2014年/第18作)
【第5位】36.3億円
『名探偵コナン 絶海の探偵』(2013年/第17作)
【第6位】35億円
『名探偵コナン 漆黒の追跡者』(2009年/第13作)
【第7位】34億円
『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』(2002年/第6作)
【第8位】32億円
『名探偵コナン 迷宮の十字路』(2003年/第7作)
【第9位】32億円
『名探偵コナン 天空の難破船』(2010年/第14作)
【第10位】32.9億円
『名探偵コナン 11人目のストライカー』(2012年/第16作)
【第11位】31.5億円
『名探偵コナン 沈黙の15分』(2011年/第15作)
【第12位】30.3億円
『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』(2006年/第10作)
【第13位】29億円
『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』(2001年/第5作)
【第14位】28億円
『名探偵コナン 銀翼の奇術師』(2004年/第8作)
【第15位】26億円
『名探偵コナン 世紀末の魔術師』(1999年/第3作)
【第16位】25億円
『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』(2000年/第4作)
【第17位】25.3億円
『名探偵コナン 紺碧の棺』(2007年/第11作)
【第18位】24.2億円
『名探偵コナン 戦慄の楽譜』(2008年/第12作)
【第19位】21.5億円
『名探偵コナン 水平線上の陰謀』(2005年/第9作)
【第20位】18.5億円
『名探偵コナン 14番目の標的』(1998年/第2作)
【第21位】11億円
『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』(1997年/第1作)

【コラボ作品】42.6億円
『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』(2013年)

△考察▲

※おすすめ作品をチェックしたい人はとばしてOKです!!

新しい作品ほど興行収入が高く、古い作品は今と比べるとかなり低い傾向にありますね。

とはいえ、こだま兼嗣監督が手がけた初期作品などは、いまだに高い人気と知名度を誇っています。「名作」「レジェンド」と言っても良いでしょう。

なので、単純に「興行収入=人気」というふうに見ることはできません。初期作品に関しては、繰り返しテレビ放送されることによって、徐々に評価が高まったという側面もあるでしょう。

興行収入が順調に伸び続けている理由も様々。昔からのコナンファンが、卒業することなく映画館へ足を運び続けているというのも一つ。また、今の子供たちや、若い新規ファンなどが増え続けているというのも理由だと思います。

それにしても、「純黒の悪夢」「から紅の恋歌」が立て続けに60億を突破したのは驚異的ですね。「から紅の恋歌」に関しては、2017年の邦画ナンバーワン興行収入を記録しています。

作品の面白さももちろんですが、何と言っても「純黒の悪夢」に登場した赤井秀一&安室透の凄まじい人気ぶり。これが大きな要因となっているのは間違いありません。

新たな層のファンが激増したこと、そして彼らがすぐに離れてしまうことなく、劇場に足を運び続けていること、これが近年の爆発的な興行収入に繋がっていると言えるでしょう。


コナン映画初心者にオススメはこれ!

出典:©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996より

■『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』
(1997年/第1作)

記念すべき劇場版コナン第一作!コナン映画に欠かせない“爆破”という要素は、すでにこの作品から始まっています。

蘭がすごく乙女で、新一への愛の深さが素敵です。爆弾解除のシーンや、「赤い糸……」の名台詞……展開はけっこう読めちゃいますが、それでもグッときますね。

ほかの劇場版に比べるとストーリーがわりとシンプルなので、最初に観る作品としてはおすすめです!

出典:©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996より

■『名探偵コナン 14番目の標的』
(1998年/第2作)

続けてコナン映画第二作。こちらもザ・コナン映画といった感じですね。

トランプの数字に見立てた人物が、次々と犯人に狙われていく……という設定がまず最高に面白い!ドキドキワクワク感がたまりません!

小五郎のおっちゃんの知られざる過去が明かされる映画でもあります。普段はなかなか見られない、おっちゃんのかっこいい一面も……。よくネタにされる、おっちゃんの“高所恐怖症”というアニメオリジナルの設定も登場します。

出典:©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996より

■『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』
(2002年/第6作)

シャーロック・ホームズのいる19世紀のロンドンが舞台!とはいえ、そこはゲームのバーチャル空間。「ゲームオーバーになると全員が死んでしまう」という状況での緊迫感が凄まじい!

仮想空間だからこそ、メインキャラが自殺したり消えたり、といった普段ではできないことも可能に。通常のテレビアニメを見たことがある人なら、この斬新なストーリー展開に大興奮すること間違いありません!

コナン映画の中ではかなり異質な作品ですが、世間での人気はかなり高いですね。ミステリーというよりは、手に汗握る冒険ものとして観たほうがいいかもしれません。


では続いて、<黒の組織>が登場するオススメ映画&<キッド>が登場するオススメ映画を紹介します!


1 2 3 4 5>>

2 / 5

この記事をみんなにシェアする

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!