13,733 views

組を超えて再結成?信頼感抜群のまかキキ(真風涼帆・芹香斗亜)

舞台上で新しい風を吹かせてくれているのが、花組からやってきた二番手・芹香斗亜さんとのまかキキコンビ。

2人はもともと星組育ちで、新人公演時代をともにした経験があるため、どこか同じ匂いのする名コンビです。

真風涼帆出典:©宝塚歌劇団 公式HP 宙組公演『天は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』より組が違うときから仲がよく、「ゆりかちん」「芹香の野郎」などと呼びあうほど、気のおけない間柄(笑)。

トップスターとして組を背負うプレッシャーとともに舞台に立つトップスターにとって、そのような存在がそばに居てくれると、とてもリラックスできるのではないでしょうか。

芹香斗亜出典:©宝塚歌劇団 公式HP 宙組公演『天は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』よりまた、芹香さんは花組で磨き上げられた男役像が鮮やかで、舞台上でのスターオーラも抜群。今までの宙組とは違う、色濃い風を吹かせてくれています。

トップスター・2番手として、これからさまざまな関係性を舞台上で魅せてくれる2人。きっと名コンビとしての相性が抜群なので、ぜひ、バディものが早く実現することを祈っています。

新生宙組誕生とともに生まれたキキそら(芹香斗亜・和希そら)

今の宙組の中で、最もアツいコンビが、キキそら。

芹香斗亜さんが宙組に組替えして最初の公演「WEST SIDE STORY」にて、相手役を演じたことがきっかけで急接近した2人です。

そもそも、和希そらさんは男役スター。アニータという役が、女役としてはじめての挑戦でした。

芹香さんは、相手役さんをとにかく可愛いと褒めちぎる男役さん(さすが、花組育ち!)。「可愛い。すごく可愛い。しかもよくよく照れてるところが可愛い」などとべた褒めです。

https://twitter.com/ri___zuka15/status/968859295612747777

https://twitter.com/Zunsora_zuka/status/975962366171951105

クリスマスには、2人で仲良くプレゼントを交換した(照れてなかなかプレゼントを渡せない和希そらさん…という少女漫画的展開付き)というエピソードは、多くのファンを赤面させました。

公演終了後も、何かとペアでいるところが目撃されている2人。

もともと弟キャラで、宙組の愛されキャラ的存在だった和希そらさんの面白さが、芹香斗亜さんのツボにはまったのかもしれません。

夏のWSS再演では、2人のコンビ再結成こそ叶いませんが、それぞれ巴里祭・バウ公演の初主演と大躍進。
和希そら出典:©宝塚歌劇団 公式HP 宙組公演『ハッスル メイツ!』より

和希そら出典:©宝塚歌劇団 公式HP 『宝塚巴里祭2018』より
新たなステージに進むお互いの姿に、より刺激を受けるはず。それぞれの公演を観劇した時の反応が楽しみですね!


1 2 3>>

2 / 3

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 宙組宝塚歌劇団

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!