今日からサク読み!トレタメアプリ

真風涼帆×宙組93期男役から考える、新生宙組の魅力とは


17,529 views


”ゆりかちん””芹香の野郎”とも呼び合うような、気のおけない間柄のトップスター・2番手のコンビも、珍しいのではないでしょうか。

2人の星組時代からのつながりをひも解いた記事も、あわせてご覧ください。
▼新生宙組 真風涼帆&芹香斗亜の”まかキキ”に期待! 2つの星が宙で再会する奇跡
https://toretame.jp/makaze-suzuho-serika-toa.html

真風涼帆さんと芹香斗亜さん、2人の星組育ちの男役が、生粋の宙組男役によい影響を与え、よりオラオラ度の増した組になることは間違いなし!

また、白塗りや黒塗りのお化粧公演でも、2人の経験がモノを言いそう。

今までのところ、ライバル同士が続いているので、個人的にはそろそろ”仲間役”が見たいですね。

ここらで、「オーシャンズ11」の再演に期待したいところです。

トップスターと最強の2番手、この2人の描き出す関係性がどのように広がっていくか、とっても楽しみです。

真風涼帆×愛月ひかる 男役を極める2人の化学反応

新生宙組の3番手を務めるのが、愛月ひかるさん。

愛月ひかる出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ タカラヅカ・スカイ・ステージ『Brilliant Dreams#120「愛月ひかる」~stage~』より3番手といっても、新生宙組プレお披露目公演と同時期に外部劇場主演を果たしていますから、限りなく2番手に近い3番手だと思います。

そんな強力な3番手が支えているのも、宙組の強みですよね!

真風涼帆さんと愛月ひかるさんは、真風さんの宙組初主演公演「ヴァンパイア・サクセション」でタッグを汲んだ2人。

バディ感というか、並んだ時の収まりがよく、これから舞台上での絡みも増える2人に大きな期待を寄せています。

同作品では、フィナーレのキザり方が必見。男役を追求する2人の一挙手一投足は、ただただセクシーです。

オフの2人は、いっしょに沖縄旅行に行くほどの仲。

どこか似た雰囲気のある2人だからこそ、自然体でリラックスできる間柄なのかもしれませんね。

愛月ひかるさんは、路線スターでありながら、3枚めやキワモノ役を見事にこなすスター役者。

3番手にこういった逸材がいるからこそ、今後の宙組の舞台はより面白みを増します。「天は赤い河のほとり」の黒太子マッティワザ役もカッコよかった!

愛月ひかる 真風涼帆出典:©宝塚歌劇団 宙組公演『天は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』より再演となる「WEST SIDE STORY」では敵役のベルナルドを演じることも決まっており、芹香斗亜さんと違うアプローチでの演技も楽しみです。

また、日本舞踊も得意にしているので、次の大劇場公演「白鷺の城」では強力な戦力となること間違いなし。

”まかあい”ファンには、2018年の公演全てが見逃せませんね。


1 2 3>>

2 / 3

この記事をみんなにシェアする

蒼羽りく

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!