ディズニーハロウィンでの仮装!初心者のみなさん、ルールを知っていますか?

ディズニーハロウィンでの仮装!初心者のみなさん、ルールを知っていますか?


ディズニーハロウィン
<出典:matome.naver.jp>


ディズニーランド・ディズニーシーでは毎年ハロウィンの季節になるとディズニーハロウィンと称して仮装を園内ですることができます。しかし、仮装にはルールがあります。
そこで今回は初心者向けにそのルールを紹介します。



ディズニーのキャラクタ-に仮装しましょう!



ディズニーハロウィン 仮装
<出典:disney.kries.jp>



ハロウィンだから仮装も自由!というわけではありません。園内ではディズニーキャラクターのみの仮装が許可されています。また、『キャラクターのイメージを大切に!』というお願いもなされています。




ここで注意しておきたいのが『実写映画はご遠慮ください』というものです。パーク内のアトラクションに登場するキャラクターには仮装することができますが、それ以外はNGとなっています。また、キャストはキャラクターではないため、キャストのコスチュームもNGとなっています。





メイクや小道具にもルールがあります!


ディズニー 剣
<出典:d.hatena.ne.jp>





キャラクタ-を完全に再現しようとする方もいらっしゃると思いますが、残念ながら持ち込みが不可の小道具があります。特に長い棒などの小道具は禁止されています。その例が剣や杖です。他のゲストにけがをさせてしまってはハロウィンを楽しめません。





また、ひげをつける肌の色を極端に変える傷跡を描くなどのメイクもNGとなっています。




他にも、お面やゴムマスクの着用も認められていません
このように制限のある中でも、自分なりにキャラクタ-の仮装を楽しめそうですね。




服装のルールも守りましょう!


ディズニー 仮装
<出典:news.mynavi.jp>


園内ではあまりにも露出の多い服装はできません。例えば、肩紐がなかったり、お腹が出ているなどの格好は露出が多いとされてしまいます。そのため、水着や下着もNGです。




また、引きずるほどの長いスカート全身タイツもNGとなっています。仮装の衣装につまずいてけがをしてしまっては大変ですね。キャラクターによっては、露出が多くなりがちな仮装もあります。




その際には、肌色のアンダーシャツを着用したり、厚手のタイツを履いたりするなどの工夫が必要です。



ルールを守って楽しいハロウィンを!


ディズニーハロウィン 仮装
<出典:mery.jp>


以上のように、ディズニーハロウィンでの仮装には様々なルールがあります。上記で紹介した他にもルールはありますので、初心者の方は是非チェックしてみて下さい。ディズニーハロウィンで、あなたもルールを守って楽しい仮装をしてみませんか?

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

おでかけの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!