歌舞伎三大名作と呼ばれている三つの演目、その内容をご存知ですか?

歌舞伎三大名作と呼ばれる義経千本桜、菅原伝授手習鑑、仮名手本忠臣蔵をご存知ですか?

難しそうな名前ですが、今回はそんな日本人として知っておいたほうがいい三つの作品の内容をご紹介します。

 

義経伝説を基にした「義経千本桜」

「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら」は源平合戦で平家が滅んだ後のお話です。
義経千本桜
<出典:www2.ntj.jac.go.jp>

源平合戦で平家を討った後、兄である源頼朝に命を狙われ逃亡する義経の都落ちをきっかけとした実は生きていた平家の武将たちとそれに巻き込まれていく人々の悲劇を描いています。
「義経千本桜」という題名で義経伝説を基にしているので主人公は「源義経」と思われがちですが実は違います。

この物語の主人公は源義経の都落ちがきっかけで様々な悲劇に見舞われる平家の生き残りの武士や平家をかくまった庶民なのです。
また、通称「千本桜」と呼ばれていますが実はこの演目の中で桜が出てくるシーンは一つもありません。物語の冒頭の語りで一度だけ「千本桜」と出てくるだけなのです。

 


菅原道真伝説を基にした「菅原伝授手習鑑」


歌舞伎三大名作の二つ目「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」は平安時代の菅原道真の失脚事件「昌泰の変」を中心にし、菅原道真とその周囲の人々を描いた作品です。主人公は菅丞相(かんしょうじょう)という菅原道真をモデルとしています。
菅原伝授手習鑑
<出典:www.ookabuki.com>

菅丞相は右大臣として仕えていましたが実際に菅原道真を失脚に追い込んだ人物「藤原時平(ふじわらのときひら)」がモデルの藤原時平(ふじわらのしへい)に流罪にされてしまいます。

菅丞相が流罪にされた後、菅丞相の息子「菅秀才(かんしゅうさい)」を守るため実の息子を身代わりとして殺した松王丸の「寺子屋の段」が有名です。

 

赤穂事件を題材とした「仮名手本忠臣蔵」

歌舞伎三大名作の三つ目「仮名手本忠臣蔵」は江戸時代に起こった赤穂事件を題材とした演目です。
仮名手本忠臣蔵
<出典:www2.ntj.jac.go.jp>

赤穂事件は江戸時代に起きた事件ですが作品の舞台は室町時代です。なぜ室町時代に置き換えたかというと江戸時代は風紀に厳しく、作品の内容に影響されて民衆がクーデターを起こさないように史実をそのまま作品にすることはできず、設定を変える必要があったからなのです。

作品のなかでは侮辱に耐えかねて切りつけた赤穂藩主「浅井長矩」は足利尊氏の弟「左兵衛督直義(さひょうえのかみただよし)」となり浅井長矩を侮辱し、切りつけられた「吉良上野介」は「高武蔵守師直(こうのむさしのかみもろのう)」という足利尊氏の執事職になっています。

 

歌舞伎三大名作は知ってて損なしです!

いかかでしょうか?
歌舞伎
<出典:eiga.com>

日本古来の伝統芸能である歌舞伎ですがあまり若い人には踏み込みにくい分野ではないでしょうか。
踏み込みにくい歌舞伎だからこそ是非ともこの記事を読んだ方に歌舞伎の面白さについて知ってもらいたいです!

カテゴリー
タグ
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!