今日からサク読み!トレタメアプリ


2016年5月に行われ、大盛況のうちに終了した舞台 「刀剣乱舞」。この舞台が大成功となった理由の一つに挙げられるのが、「各キャラクターの忠実すぎる再現度」でしょう。なかでも一番「キャラがそのまま三次元に現れた!」と話題だったのがへし切長谷部。

「舞台 刀剣乱舞」以降、へし切長谷部を演じた和田雅成さんのファンになる人が急増!その理由を今回は探ってみたいと思います。

アイキャッチ画像の出典:©Natasha,Inc. ナタリー
「舞台「刀剣乱舞」6振りが渋谷に集結!三日月宗近と山姥切国広の掛け合いも」記事ページ より


この役とあの役は和田さんだった!!和田雅成さんのプロフィール


出典:©和田雅成 公式Twitter より

和田雅成さんは1991年9月5日生まれの大阪出身で、2012年より主に舞台俳優として活動。2014年からは東京に活動拠点を移しています。180cmというスタイルの良さを活かし、これまでにも様々な役柄を演じてきました。

舞台「戦国無双 関ヶ原の章」の大谷吉継役で最初に注目を集め、続いて舞台「K」では周防尊役を演じています。

その他の主な役どころとしては、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」矢巾秀役、「ダイヤのA」TheLIVE2 楊舜臣役など。そして舞台「刀剣乱舞」のへし切長谷部役へと繋がります。

和田さんは俳優のほかにもレポーターとして活躍中!
テレビ神奈川ほか3局ネットで生放送しているお昼の情報番組「猫のひたいほどワイド」にて、火曜日の番組レポーター「猫の手も借り隊」の一人、火曜レッドとして毎週出演しています。



1 2 3 4 5 6>>

1 / 6

コメントを見る

1 件のコメント

  • みこ より:

    刀ステのライブビューイング特典映像の際、呼ばれて走って行ったのが荒牧さんで、外から呼んでいたのが和田さんですよ。二人の立場が真逆です。
    記事として取り上げるなら見てる人なら誰でも分かる簡単な間違いはしないで下さい。

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

2.5次元ミュージカルの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!