Sexy Zoneも奮闘!歴代春高バレーの応援ソングを振り返る

2011年に『ワールドカップバレーボール2011』のイメージソングでデビューを飾った『Sexy Zone』は、2016年に行われた「春高バレー」のイメージソングを担当しました。

『V6』・『嵐』や『NEWS』・『Hey! Say!JUMP』などの先輩グループも、歴代の大会テーマ曲を担当してきました。

今回は歴代春高バレーの応援ソングを振り返ってみたいと思います!

春高バレー <出典:http://www.kaichi.ed.jp/volleyball/men_news/entry-1111.html>

「春高バレー」ジャニーズ初起用は『V6』!『嵐』は4年連続!


「春高バレー」で初めてジャニーズ事務所のグループが起用されたのは、1996年に行われた大会で、『V6』の「MADE IN JAPAN」が大会テーマ曲に起用されました。

MADE IN JAPAN <出典:http://musicpvmw.blog86.fc2.com/blog-entry-1286.html>

2000年の「春高バレー」より大会のイメージキャラクターに起用された『嵐』は、「HORIZON」が大会テーマ曲に使用されています。

この曲以外にも『嵐』は、2001年に「はなさない!」、2002年には「Eazy Crazy Brake Down」、2003年には「コイゴコロ」と4年連続で起用され、デビューよりこの期間まで『嵐』にとって、重要な活動の一つとなってきたお仕事です。

嵐 <出典:tr.twipple.jp>

『NEWS』や『Hey! Say!JUMP』も大活躍!


2004年には、前年の「ワールドカップバレー」の大会内でも使用されていた楽曲である、『NEWS』の「Stand Up」がイメージソングに選ばれています。翌年にも、『NEWS』の「きらめきの彼方へ」が使用されました。

NEWS <出典:https://version97.wordpress.com/tag/news/>

2008年の「春高バレー」より、『Hey! Say!JUMP』がサポーターに起用され、「Chance to Change」が大会テーマ曲に選ばれました。そして2年連続となる2009年には、「情熱JUMP」が大会テーマ曲となっています。


2010年に『Hey! Say! 7』の「ガンバレッツゴー!」が、2011年には『Hey! Say!JUMP』の「Fly」が大会テーマ曲に使用されています。

Hey! Say!JUMP <出典:http://blog.ningin.com/2012/04/30/song-of-the-day-hey-say-jump-fly/>




2012年よりサポーターとして活躍中の『Sexy Zone』!


2011年にデビューし、『ワールドカップバレーボール2011』のスペシャルサポーターに就任した『Sexy Zone』は、2012年より「春高バレー」のイメージソングを、歴代最長となる5年連続で務めています。

Sexy Zone <出典:http://p.twipple.jp/DFJUQ>

2012年に「春高バレー」の情熱サポーターに就任し、ジュニア時代よりメンバーが歌っていた楽曲・「With you」がイメージソングに起用されました。

その後も、2013年に「完全マイウェイ」、2014年に「Shout!!」、2015年には「Trophy」が大会のイメージソングに選ばれています。

2016年の「春高バレー」でも応援サポーターに就任し、「ロマンティックに勝利をつかめ」がイメージソングに起用されています。


歴代春高バレーのイメージソングを振り返って


これまで歴代の「春高バレー」のイメージソングを振り返ると、『Sexy Zone』などサポーターやイメージキャラクターを務めてきた、各グループの存在を含め、応援には欠かせないものだと、改めて認識を強くしました。

2017年以降も、新たな応援ソングの登場を心待ちにしています。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジャニーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!