トレタメ記事内画像について


174,810 views

現実世界でも役立ちそうなハリー・ポッターの有名魔法・呪文ランキング

ハリポッター

2014年、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』がオープンしました。ハリー・ポッターファンはもちろん、ハリー・ポッターを読んだことがない人でも楽しめる、今大注目のエリアです。

世界中のたくさんのファンから愛されるハリー・ポッターシリーズは、J.K.ローリング作のファンタジー小説です。作中に登場する数々の魔法や呪文は、もちろん現実世界で使えるわけではありません。しかし、もしハリー・ポッターに登場する魔法・呪文が使えるとしたら、どんなに便利なことでしょうか

そこで今回は、現実世界でも役立ちそうなハリー・ポッターの有名魔法と呪文をランキング形式で5位までご紹介します。

【1位】アクシオ(Accio):来い


ハリポッター・アクシオ

ものを呼び寄せる呪文です。離れた場所にあるものを自分の方へ引き寄せることができます。汎用性が高く、作中でもたびたび登場しています。

現実世界では、少し離れた場所にあるリモコンが取りたい時などに便利な呪文です。料理中などで手が離せない時に、もし必要なものが遠くにあったとしても、この呪文を唱えればすぐに呼び寄せることができます。地味な呪文かもしれませんが、使い勝手は良いのではないでしょうか。


【2位】エピスキー(Episkey):癒えよ


ケガに対して応急処置を施す呪文です。骨折などの大ケガにはさほど効果がないものの、この呪文が使えればばんそうこうや消毒液がない時にケガをしても、とりあえずのところは安心です。

【3位】アロホモーラ(Alohomora):開け

ハリー・ポッターでは基本の呪文の1つとされているもので、カギのかかったドアを開けることができます
現実世界で使えるとしたら、車にカギを挿したまま車外に出てドアがロックされてしまった場合などでしょう。こうなるとカギ屋を呼ぶしかありませんが、この魔法を使うことができれば安心です。

ハリーポッター


1 2>>

1 / 2

コメントを見る

15 件のコメント

  • ルーナ ラブグット より:

    レイブンクロー寮にハーマイオニーがいたらよかったのに

  • ハーマイオニー より:

    私、組分けの時、レイブンクローとグリフィンドール迷われました

  • ハリポタ好き より:

    あ行できるだけ出してみた。ネタです。
    アグアメンティ(Aguamenti)(水よ/水増し)杖の先から水を噴出させる。反対呪文は「インセンディオ」。アクシオ(Accio)(来い)「呼び寄せ呪文」。離れた場所にある物体を、術者の側に呼び寄せる。ホグワーツ魔法魔術学校では4年生の「呪文学」で習う。アナプニオ(Anapneo)(気道開け)気管に食べ物などの障害物が詰まった際、その障害物を取り除くことができる。第6巻でホラス・スラグホーンが使用。アパレシウム(Aparecium)(現れよ)透明インクで書かれた文字を強制的に出現させる。第2巻でハーマイオニーが使用。アラーニア・エグズメイ(Arania Exumai)(蜘蛛よ、去れ)白い光が杖先から飛び出し、蜘蛛を吹き飛ばす。アロホモーラ(Alohomora)(開け)扉にかかっている鍵を開けることができる。この呪文を無効にすることもできる。インカーセラス(Incarcerous)(縛れ)対象にロープを巻きつけ、縛り上げる。対象の首にロープを巻きつけ、窒息に至らしめることも可能。インセンディオ(Incendio)(燃えよ)対象を炎上させる。煙突飛行粉にもこの呪文が使われている。反対呪文は「アグアメンティ」。インパービアス(Impervius)(防水せよ)水をはじくことができる。第7巻でハーマイオニーが「防水・防火せよ」と唱えていることから防火の効果もある模様。インペディメンタ(Impedimenta)(妨害せよ)対象を妨害し、その人物の動作を遅延・一時停止させる。相手を吹き飛ばすことも可能。ウィンガーディアム・レビオーサ(Wingardium Leviosa)(浮遊せよ)「浮遊術」。ホグワーツでは1年生の「呪文学」で習う。呪文の発音がやや難しく、ロンは初めの頃よく発音を間違えて失敗していた(小説では「ウィンガディアム・レヴィオーサ」、映画では「ウィンガーディアム・レビオサー」と言い間違えた)。エイビス(Avis)(鳥よ)杖から鳥を出す。第4巻でオリバンダー老人が使用。エクスパルソ(Expulso)(爆破)対象を爆破する。第7巻でアントニン・ドロホフが使用。エクスペクト・パトローナム(Expecto patronum)(守護霊よ来たれ)「守護霊の呪文」。守護霊を創り出す。守護霊は銀白色で半透明。形状は術者によって異なり、基本的には実在の動物だが、魔法生物になる者もいる。守護霊を出現させることで吸魂鬼を追い払うことができる[5]ほか、熟練者になると守護霊に伝言を託すことも可能。守護霊を創り出すためには幸福なことを思い浮かべる必要がある。そのため術者の精神状態や人間関係に影響されやすく、守護霊の形状が変化することもある[6]。なお、ヴォルデモート及び死喰い人は、守護霊を出さない(スネイプを除く)。エクスペリアームス(Expelliarmus)(武器よ去れ)「武装解除術」。紅の閃光を放ち、対象の持つ武器[7]を強制的に吹き飛ばす。術の当て場所や連度次第で、武器を持つ人間も同時に吹き飛ばして気絶させたり、吹き飛ばした武器を自分の手元に来させることができる。ハリーが得意とする呪文のひとつ。第2巻ではセブルス・スネイプが「エクスペリアームズ」と唱えている(文庫版では修正されている)。映画では作品によって術の表現が変わっている。エネルベート(Enervate)(活きよ)失神した者の意識を回復させることができる。反対呪文は「ステューピファイ」。エピスキー(Episkey)(癒えよ)対象の負傷部位に杖を向けて呪文を唱え、対象に応急処置を施す。エレクト(Erecto)(立て)対象を立たせる。第7巻でハーマイオニーが使用。エンゴージオ(Engorgio)(肥大せよ)対象を肥大させることができる。反対呪文は「レデュシオ」。オーキデウス(Orchideous)(花よ)花を咲かせる。第4巻でオリバンダー老人が使用。オパグノ(Oppugno)(襲え)第6巻でハーマイオニーが使用。ロンに対して鳥による攻撃をけしかけた。オブスキュロ(Obscuro)(目隠し)対象の目を隠す。第7巻でハーマイオニーがフィニアス・ナイジェラスの絵に唱えた。オブリビエイト(Obliviate)(忘れよ)「忘却術」「記憶修正術」。対象の記憶を修正・消去する。術者の力量次第では、対象の持つ全ての記憶を消去することも可能。忘却術は強力な魔法使いなら破ることができる[8]。魔法省魔法事故惨事部には、魔法を見てしまったマグルの記憶を修正することを仕事とする『忘却術士』が勤務している。

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

レコメンドの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!