オシャレ番長!『ジャニーズWEST』の“小さなオカン”こと『神山智洋』

トレタメ

2014年に『ジャニーズWEST』のメンバーとして、デビューシングル『ええじゃないか』でCDデビューした、神山智洋くんのプロフィールや性格、そして彼にまつわるエピソードを中心にご紹介します。

『神山智洋』のプロフィール!事務所入りのエピソード

神山智洋さんは、兵庫県出身の1993年7月1日生まれで、血液型はA型です。「智洋」という名前の由来は、「どういう場所にいても、賢い子でいて欲しい」というところから名付けられました。

そして2004年2月21日に、ジャニーズ事務所に入所しました。神山智洋さんの事務所入りのエピソードとしては、当時放送されていた『ウルトラマンティガ』に出演している、V6の長野博さんの姿に憧れ、それを知ったお母さんが「履歴書送ってみるか?」と言ってくれたことがきっかけとなったようです。尊敬するジャニーズの先輩は、関ジャニ∞・錦戸亮さんと嵐・二宮和也さんです。

特技は、モノマネやダンス・ギターで、特に武田鉄矢さんのモノマネが得意な様で、よくテレビ番組でも披露しています。趣味は、ドライブとおしゃれで、気分転換にドライブを良くするそうです。

[adsense num=1]

『ジャニーズWEST』のオカン的存在!

神山智洋くんは、関西ジャニーズJr.時代から、”関西ジャニーズJr.のオカン”と言われていました。そしてジャニーズWESTを結成してからも、コンサートや舞台の公演中に、メンバーの洗濯物を洗ってあげたり、悩みを聞いてあげたりするなどのエピソーードがあります。

テレビ番組内で、ジャニーズWESTのメンバー全員に「感謝したい人」はというテーマを出されると、他のメンバーは全員「神山くん」の名前を書き、普段の神山くんの母性が溢れる行動に感謝をしています。

ジャニーズWSETで、番組収録の合間にテレビ局で占い師さんにあった際に、メンバー全員と会話してると、神山くんの顔を見た瞬間に目を見開いて、「あなた大丈夫なの?(他のメンバー)6人の不安を全部抱えているわよ」と忠告されるなど、神山くんのことを心配されることもあったようです。

[next_heading title=神山智洋はジャニーズWESTの「オシャレ番長」]