今日からサク読み!トレタメアプリ


SKE48の公演・ライブを見るなら知っておきたいチームS・K2・Eの特徴


日本での認知度が非常に高い大規模アイドル集団「AKB48グループ」の中でも、フレッシュでハツラツとしたパフォーマンスを展開し多くの支持を得ているグループがあります。愛知県名古屋市を拠点に活動する「SKE48」です。

SKE48

SKE48は、チームS・チームK2・チームE・研究生で構成されており、名古屋の地下鉄栄駅が最寄りのサンシャインサカエにある「SKE48劇場」で、ほぼ毎日公演を行っています。各チームにはイメージカラーが設けられていて、チームSは「黄」、チームK2は「赤」、チームEは「緑」です。




今回は、SKE48の各チームにスポットを当て、チームそれぞれの特徴に交え、思わず応援したくなる意外な魅力についてもご紹介します


チームEの特徴


チームE

チームSは、ダンスが売りのSKE48の中でも特にパワフルなダンスが魅力のチームです。アイドルになる前からダンスを習っていたなどの経歴を持つメンバーも多く、激しいダンスナンバーが続く公演をこなす体力派チームでもあります。




小学生からSKE48のセンターを務めている松井珠理奈さんは、AKB48の選抜メンバーとしても活躍しています。現在チームSのリーダーを務める宮澤佐江さんも、元々はAKB48であり、選抜メンバーにも何度も選ばれている実力派。






松井さんや宮澤さんといった端正で凛とした通称「ハンサムガール」が元気に踊り、大矢真那さんやNMB48 と兼任している渡辺美優紀さんのようなおっとりした癒やし系がチャーミングな笑顔を振りまきます。対照的なキャラクターを持つ女の子たちがパフォーマンスを競うさまは特に見ものです。






チームK2の特徴


チームK2


各チーム名をS、K、Eの1文字ずつ取って命名したにもかかわらず、「チームK2」がなぜ「チームK」ではないのでしょうか。理由は単純で、AKB48に「チームK」がすでにあり、区別するためです。




チーム結成当初からフロントメンバーとして活躍している高柳明音さん、兼任を経てAKB48から移籍した大場美奈さん、SKE48最年長メンバーの松村香織さんなど、年に1度開催されるAKB48シングル選抜総選挙でも上位に入るメンバーが揃っています





初期は他チームと比較して若いメンバーが多く、劇場公演においてもAKB48の既存の演目やチームSのお下がりの演目を演じていました。メンバーの入れ替わりなどでしばらく公演ができない時期もありましたが、2011年秋には念願のオリジナル公演を手に入れました。メンバーの団結力が高く、今も成長の真っ最中といえるのが、チームK2でしょう。






1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 48グループアイドルSKE48

48グループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!