激闘!感動!スフィア史上最大の宴、スフィアフェスレポ!

いろいろ殺人級!会場がメロメロになったオレンジステージ

2日目、ブルーステージの前にやって来たのは戸松遥ちゃんのオレンジステージ!
「行くよ!」の掛け声と共に始まった遥ちゃんの大人気ナンバー「Q&Aリサイタル!」で会場の盛り上がりは一気に最高潮に!

腰から膝ほどまである特製の大きめリボンを身につけたポニーテール姿で登場した遥ちゃん。衣装のスカートについていたリボンはスフィア四人のメンバーカラーで統一され、衣装にも細かいこだわりが見えました。

1日目ではFun Fun Parade、Girls, Be Ambitious.を披露しましたが、2日目ではmotto☆派手にね!、恋ヲウチヌケにチェンジ

特に2日目のセトリがアップテンポなものばかりで、「フェス終盤に来てこのセトリは殺す気か!!」と会場全員がツッコミを入れたくなるほどの盛り上がりを見せました。 さらに、ラストの恋ヲウチヌケでは遥ちゃんの殺人級のこの一言に心を撃ち抜かれちゃう人が多数!

最後までお客さんの心を離さない遥ちゃんのオレンジステージでした。

最前にはヤツがいた!MCまとめ

6時間の長丁場なフェスに伴って、間に挟まれるのが一時間の休憩タイム。そこではスフィアの四人が仲良くしりとりをする様子が映しだされました。

2日目のしりとりでは、美菜子ちゃんが潔く「パンツ!」と言い放ったり、愛生ちゃんがウルトラマンの怪人の名前である「ダダ」を挙げてマニアック過ぎる選択に笑いが起きたりと会場を和ませました。

なんといっても2日目のMVPはてんとう虫でしょう!2日目のブルーステージ最後の挨拶中に、センターステージ最前列にはある訪問者が…

それがなんとてんとう虫!なぜ屋内にてんとう虫が入ってきたんだという謎もありますが、四人はてんとう虫を見つけるとこれを救出。踏まれると危ないからと別の場所に逃がしてからパフォーマンスを始めるスフィア四人にお客さんも大爆笑。

センターステージ最前列という神席でずっと四人を見守っていたてんとう虫に、終演後は「てんとう虫になりたかった!」と思ったお客さんもいっぱいいたようです。

怒涛のラスト!スフィアフェスは体力の限界をも超える!

オレンジステージで全力燃焼したー!といえないのがスフィアフェス。最後は四人揃った「スーパースフィアタイム」なるブルーステージ後半戦がスタート!ヒット曲・盛り上げ曲ばかりのセットリストでラストスパートまで会場を熱狂の渦へ!

およそ六時間を通して歌って踊り続けたスフィアの四人は、プロとはいえ当然体力も喉もバテる寸前。しかし、最後まで笑顔を絶やさずにスフィアフェスを完走した四人にイベント終了後は大きな歓声が巻き起こりました。

メンバーそれぞれがソロ活動をきちんと積み重ね、スフィアとしても積み重ねてきた7年間の活動が土台としてしっかり活かされていたからこそ成立したスフィアフェス。

今回のスフィアフェスでは多くの人がスフィア四人の絆、さらにはスフィア四人とスフィアを好きでいるお客さん全員との強い絆を再認識した特別なライブになったようです。

来年のスフィアフェスの開催は未定ですが、今回のスフィアフェスでさらに成長を遂げた彼女たちのパフォーマンスがまたどこかで見られることを今から期待しておきましょう!