今日からサク読み!トレタメアプリ


0902_key_visual_OK

「CGで完璧なヴィジュアルアーティストをつくって、俺はいつの間にかフェードアウトして、でも、hideって名前でやってくの。いつのまにかすり替わってんの。もちろん音楽は俺がつくるの。」  -hide 1993-

 

かつてこんなことを話していた彼。
この時代、そんな夢のようなことを語るのは彼ぐらいだっただろう。

しかし2015年9月、hideの世界が再び動き出す…!!

 

世界初のライブホログラフィック専用エンタテイメント劇場がオープン!

神奈川県横浜市、横浜駅から徒歩5分の場所に建設されたライブホログラフィック専用エンタテイメント劇場「DMM VR THEATER」は、DMM VR Theater、Zeppホールネットワーク、相鉄エージェンシー、DMM.futureworks、ローソンHMVエンタテイメントの4社により組成されたシアターVR有限責任事業組合が建設と運営を行う、世界で初めてとなるCG映像専用のエンタテイメント常設劇場です。

9月11日のオープンを控え、先日行われたオープニング記者発表会で、第1弾コンテンツとなるX JAPANのギタリストでありソロアーティストのhideによる「ピンク スパイダー」のホログラフィックライブが披露されました。


出典: © since 1998 DMM
hide『ピンク スパイダー』ホログラフィックライブ(Youtube)より


過去に公演を行ったこともない楽曲の映像をゼロからつくり上げていく。
これにはhideのライブのメンバーであり、CD制作などにも関わってきたI.N.Aさんの協力のもと、過去のライブ映像から本人のクセを読み取って形にしてきました。

 


どうやって動いてるの?

まるでそこにいるかのように動いているhide。一体どのような仕組みが隠されているのか気になりますよね!?
ホログラムにはいろいろな技術がありますが、今回使用されているのは「ペッパーズゴースト」という古くからある目の錯覚を活用した原理を利用しています。

02_500x321
<出典:ascii.jp>

例えば、外からガラス越しに家の中を見るとガラスには自分が映ることはなく、部屋の中が見えると思います。ですが、ここで自分の顔をライトなどで照らしてみるとガラスに明るく照らされた自分の姿が映るはずです。

これが「ペッパーズゴースト」の正体です。

東京ディズニーランドの「ホーンテッドマンション」では沢山の亡霊が舞踏会で楽しんでいるシーンや、最後に勝手に乗り込んでくる亡霊のトリックも実はこれが使われています。
シンプルでありながらじつは大掛かりなトリックが隠されているのです!

1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!