25,824 views

ダンディさに悶絶!エドガーの義父、フランク・ポーツネルの瀬戸かずや

ポーの一族の一人、フランク・ポーツネル男爵。
物語の鍵を握る重大な人物です。

瀬戸かずや ポーツネル男爵 ポーの一族出典:©宝塚歌劇団 公式HP 花組公演『ポーの一族』よりフランク・ポーツネル男爵は、仙名彩世さん演じるシーラを妻として迎え、ポーの一族に引き入れる人物。主人公エドガーの義父となり、エドガーの行動にも厳しく、「ポーの一族」である誇りを伝えます。

瀬戸さんのフランク・ポーツネル男爵の佇まいは、原作のビジュアルを少しだけ若くしている感じですが、貴族の品格とダンディさは漫画そのもの。

しっかりと意思を持つ大人の男性を、見事に表現していました。

瀬戸かずや ポーツネル男爵 ポーの一族出典:©宝塚歌劇団 公式HP 花組公演『ポーの一族』よりそして、シーラ役の仙名彩世さんのコンビネーションも素晴らしく、フランクとシーラが、エドガーを守っていこうとする、かりそめの家族の姿も悲しく美しく映ったのでした。

純粋で、切ない。悲しみと愛をたたえたシーラを演じた仙名彩世

仙名彩世 シーラ ポーの一族出典:©宝塚歌劇団 公式HP 花組公演『ポーの一族』よりシーラは主人公のエドガーの義母となる人物。

15歳でフランク・ポーツネル男爵と出会って愛を誓い、成人したらポーの一族になるという強い想いを抱く女性です。。

ビジュアル的な美しさはもちろんのこと、不思議な落ち着きをたたえる佇まいは、仙名さんの雰囲気にぴったりでした。

仙名彩世 シーラ ポーの一族出典:©宝塚歌劇団 公式HP 花組公演『ポーの一族』より明日海さんよりは下級生でありながらも、インタビューでは、体育座りしたエドガーを抱きしめたくなるとのコメントも。

知らず知らずに醸し出されるシーラの包容力は、仙名さんが持つ大らかさにあるのかもしれません。



1 2 3>>

2 / 3

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!