7,415 views


スーパースター、ビリー・ジョエルの災難

「ストレンジャー」のヒット以降、ビリー・ジョエルは順調に活躍を重ねていましたが、
1982年には多くのトラブルに見舞われてしまいます。

4月にはオートバイ事故を起こし、左手首に重傷を負い、
1か月の入院を余儀なくされアルバムのレコーディングを休止する羽目となりました。

ビリー・ジョエル


妻として、マネージャーとしても彼を支え続けていた
エリザベス・ウェーバーとの関係も悪くなっていました。

結局2人は離婚となり、ビリー・ジョエルは財産の半分を
彼女への慰謝料を支払うために失ってしまいます。

近年のビリー・ジョエル

このように波乱万丈な来歴をおくってきたビリー・ジョエルですが、
2000年代に入ると現役ミュージシャンの引退を発表し、
ポピュラー音楽から身を引きました。

米国議会図書館は、ポピュラー音楽に多大な功績を残した人物に贈られる
ガーシュウィン賞をビリー・ジョエルに授与しました。

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

洋楽の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!