6,436 views

Galileo Galilei集大成ベスト『車輪の軸』から解散前の人気楽曲をランキング

2016年10月の日本武道館ライブをもって解散を発表している邦ロックバンド・Galileo Galilei(ガリレオガリレイ)。

遂にこの時がきてしまったと枕を濡らしているファンの多いことでしょう。(というか筆者がそのひとりです。)

Galileo Galilei <出典:http://matome.naver.jp/odai/2141284950666366801/2141285996174989003>

そんな彼らが集大成として6月15日にベストアルバム『車輪の軸』をリリース。アルバムタイトルに込めた想い、ファンからの支持が高かった収録曲に、Galileo Galileiと共に過ごした思い出の数々が溢れてやみません‥!

Galileo Galileiの軌跡を象る 解散前ベストアルバム『車輪の軸』

Galileo Galilei <出典:http://matome.naver.jp/odai/2137828623027676101/2142622943663794203>
幾度かのメンバー編成を経ながら、その度に新たな風を楽曲に反映させてきたGalileo Galilei。

2010年のデビュー当時は平均年齢18歳という若さだったこともあり、青臭い少年たちが繊細さを抱えながらも大人になっていく、まさに生きるバンドを体現したような活動でした。

解散発表の際、公式サイトでGalileo Galileiというバンドを「子供の時に大切に乗っていた“おもちゃの車”のようなものだったのかも」と発言しています。

そんな成長し続ける彼らだからこそこの度の解散はファンならばある程度予知できたことでもあったかもしれませんね。

タイトル『車輪の軸』に込めた想いとは?

Galileo Galilei <出典:https://twitter.com/HMV_Tachikawa/status/732105282864566272>

当初は4枚目のアルバム『Sea and The Darkness』と春のツアーをもって解散の予定でしたが、ベストアルバムと初の武道館ライブという形で集大成を残してくれることに。

どちらもタイトルを『車輪の軸』とし、"Galileo Galilei=おもちゃの車"の軸との意味合いが込められているのだそう。

Galileo Galileiというバンドを支える軸となった想い、そこから生まれた名曲の数々が浮かびます。

ベストアルバムは2枚組となっており、DISC1ではシングル曲を中心に収録。DISC2ではファンからの支持が高い、ライブでも人気のある楽曲をメンバーがセレクトしました。

そのDISC2から、Galileo Galileiを愛する筆者がファン目線で選出した「この曲が入ってて良かった‥!」と思う楽曲をランキング形式でご紹介します。

一緒にGalileo Galileiの軌跡を振り返っていきましょう。(涙)



第3位「ハローグッバイ」


<出典:https://www.youtube.com/watch?v=s4dndPBLUq8>

第3位に選んだのは「ハローグッバイ」

Galileo Galileiの名が世に広まった『閃光ライオット2008』グランプリ獲得は、「ハローグッバイ」の応募がきっかけ。

レコーディング自体が初めてだったというその初々しさ、ボーカル・尾崎雄貴くんのまだ幼さの残る声…。それに反してすでに完成されているGalileo Galileiの持つ世界観が歌詞、楽曲を通して伝わってきます。

Galileo Galileiとしてのキャリアがスタートした「ハローグッバイ」はベストアルバムに欠かせなかったと思います。第3位から早速目頭が熱いぃ…(涙)

第2位「SIREN」

ガリレオガリレイ <出典:https://twitter.com/matsumoriyagana/status/738482052941512704>

第2位は「SIREN」です。

この曲は得体のしれない不安と希望が押し寄せる未来に胸がキュッと切なくなる、そんな若かりし頃の感情を筆者に思い出させてくれてきました…。(涙)


ライブでも度々披露してくれた「SIREN」ですが、ファンにとっても全楽曲の中でも1,2を争うほど好きという声は少なくないはず。

地に足のつききらないふわふわとした感覚、その中で異彩を放ついい意味で乱暴な単語が衝撃をもたらす歌詞もまた、Galileo Galileiらしい魅力を感じさせます。

第1位「親愛なるきみへ」


ガリレオガリレイ <出典:https://twitter.com/SiorinaNiAN/status/734883874631737344>

第1位には「親愛なる君へ」を選んでみました。

この楽曲はファンに向けてかいたもの。解散発表後に聴くと更にその意味合いが増すようで、もう涙なしには聴けませんよね。



Galileo Galileiが見せてくれた"桃源郷"は、私達ファンにとって決して"くだらないもの"なんかではありませんでした。

そしてそれは解散後も変わらず、楽曲を通して永遠に桃源郷の位置を示し続けてくれるのでしょう。



番外編「バナナフィッシュの浜辺と黒い虹」


<出典:https://www.youtube.com/watch?v=iubApGbf04I>

ランキングに入れるかも悩みましたが、番外編として特別枠を設けたいのが「バナナフィッシュの浜辺と黒い虹」

楽曲発表当初は女性ソロシンガーとのコラボで、ボーカルにAimerを迎えていました。描かれる女性像にぴたりとハマった気だるそうな声質が、Galileo Galileiの楽曲に新たな発見をもたらしたように思います。

尾崎雄貴くんのボーカルバージョンはライブでしか聴けなかったのですが、この度ついに音源化されることに…!

やはりファンの要望が多かったよう。Aimerバージョンとはまた違った尾崎雄貴くんの表現力にまた惹きこまれます。この音源化は本当に嬉しい…!

最初で最後のガリレオベスト『車輪の軸』は6月15日発売

車輪の軸 <出典:https://twitter.com/lt_hmv/status/735019532046077952>

筆者が独自で選んだ『車輪の軸』DISC2収録曲ランキングはいかがだったでしょうか。

Galileo Galileiの公式Twitterではハッシュタグ「#ガリレオベスト」をつけて楽曲の思い出をつぶやくキャンペーンを実施中。あなたの思い出やみんなのGalileo Galileiへの思いをのぞいてみては?

最初で最後のガリレオベスト『車輪の軸』は6月15日発売です。初回限定盤にはDVDもついてるので要チェック!

10月の日本武道館ラストライブまでGalileo Galileiの楽曲を聴きまくって枕を濡らす夜をやり過ごしましょう。(涙)


▼Galileo Galilei ベストアルバム『車輪の軸』
2016/06/15発売
・初回生産限定盤 (CD2枚組+DVD)
¥5,300(税込)
・通常盤(CD2枚組)
¥3,400(税込)
----------------
DISC1
01.管制塔
02.ハマナスの花
03.夏空
04.四ツ葉さがしの旅人
05.僕から君へ
06.青い栞
07.さよならフロンティア
08.明日へ
09.サークルゲーム
10.恋の寿命
11.嵐のあとで
12.クライマー
13.車輪の軸
※初回生産限定盤のみ----
14.FLAT<Bonus Track>
livetune adding Yuuki Ozaki
15.Trigger<Bonus Track>
Yuuki Ozaki
16.同級生<Bonus Track>
押尾コータロー with Yuuki Ozaki

----------------
DISC2
01.ハローグッバイ
02.稚内
03.SIREN
04.Imaginary Friends
05.老人と海
06.夢に唄えば
07.潮の扉
08.Birthday
09.サニーデイハッピーエンド
10.バナナフィッシュの浜辺と黒い虹
(Yuuki Ozaki ver.)
11.親愛なるきみへ
12.ゴースト
13.鳥と鳥
14.青い血
15.Sea and The Darkness II (Totally Black)

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!