今日からサク読み!トレタメアプリ


2016年10月の日本武道館ライブをもって解散を発表している邦ロックバンド・Galileo Galilei(ガリレオガリレイ)。

遂にこの時がきてしまったと枕を濡らしているファンの多いことでしょう。(というか筆者がそのひとりです。)

Galileo Galilei

そんな彼らが集大成として6月15日にベストアルバム『車輪の軸』をリリース。アルバムタイトルに込めた想い、ファンからの支持が高かった収録曲に、Galileo Galileiと共に過ごした思い出の数々が溢れてやみません‥!

Galileo Galileiの軌跡を象る 解散前ベストアルバム『車輪の軸』

Galileo Galilei
幾度かのメンバー編成を経ながら、その度に新たな風を楽曲に反映させてきたGalileo Galilei。

2010年のデビュー当時は平均年齢18歳という若さだったこともあり、青臭い少年たちが繊細さを抱えながらも大人になっていく、まさに生きるバンドを体現したような活動でした。

解散発表の際、公式サイトでGalileo Galileiというバンドを「子供の時に大切に乗っていた“おもちゃの車”のようなものだったのかも」と発言しています。

そんな成長し続ける彼らだからこそこの度の解散はファンならばある程度予知できたことでもあったかもしれませんね。

タイトル『車輪の軸』に込めた想いとは?

Galileo Galilei

当初は4枚目のアルバム『Sea and The Darkness』と春のツアーをもって解散の予定でしたが、ベストアルバムと初の武道館ライブという形で集大成を残してくれることに。

どちらもタイトルを『車輪の軸』とし、"Galileo Galilei=おもちゃの車"の軸との意味合いが込められているのだそう。

Galileo Galileiというバンドを支える軸となった想い、そこから生まれた名曲の数々が浮かびます。

ベストアルバムは2枚組となっており、DISC1ではシングル曲を中心に収録。DISC2ではファンからの支持が高い、ライブでも人気のある楽曲をメンバーがセレクトしました。

そのDISC2から、Galileo Galileiを愛する筆者がファン目線で選出した「この曲が入ってて良かった‥!」と思う楽曲をランキング形式でご紹介します。

一緒にGalileo Galileiの軌跡を振り返っていきましょう。(涙)


1 2 3>>

1 / 3

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

邦楽ロックの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!