ガンダムが長年人気の理由とは・・・?

日本アニメーションには、機械と人間の関係性を繊細に描いた作品が多く存在しており、その中でも長年人気のロボットアニメがガンダムです。
壮大な世界観や迫力のある描写、キャラクターひとりひとりの存在感などその魅力は多岐に渡り、放送開始から時を経てもなお、ガンダムのファンになる人が後を絶ちません。

ガンダム

しかし、ガンダムが長年人気の理由は、それだけではありませんでした。存在感のあるキャラクターたちが放つ名言の数々は、我々をガンダムのディープな世界へ、さらに引込んでいったのです。

 


今も語り継がれる名言の数々

ここでは、あのキャラクターが放った聞き覚えのある名言をご紹介いたします。全部分かったら、あなたも立派なガンダムファンかも!?

ガンダム・名言

認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを・・・。
ザクがやられた報告を受けてシャアが放った一言。

当たらなければどうという事はない。援護しろ。
ガンダムにビームライフルを撃たれている場面での一言。こちらもシャアが放った言葉です。

へっ、敵を倒すには早いほどいいってね。
偵察中に先走るジーンの一言。

見事だな。しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ。そのモビルスーツの性能のおかげだという事を忘れるな。
ラルのグフがやられる場面でのランバ・ラルの一言。

俺は・・・俺は・・・俺は、子供達を殺させはしない!
ドランを襲ってきたザクとの戦闘中でのククルス・ドアンの一言。

 

いかがでしたでしょうか?ガンダムは、確かに歴としたアニメですが、キャラクターの発言を見ていると、とても深く、自分の人生においてもタメになる言葉を残しています。
このように、戦いの場面などのアニメ的要素と、どこか大人びたキャラクターたちの深い言葉が合わさり、他のアニメとは一味違う作品に仕上がっているのです。

 

1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!