天才プロデューサー中田ヤスタカが楽曲提供する有名アーティストの曲とは?

中田ヤスタカは音楽ユニット『CAPSULE』としてのアーティスト活動を行いながら、音楽プロデューサーとして『Perfume』『きゃりーぱみゅぱみゅ』をプロデュース。

 

そして定期的に主宰するクラブイベント『TAKENOKO!!!』では毎回DJとして参加しています。また楽曲提供者としての腕も超一流で、ヒットメーカーとして数々のアーティストに楽曲を提供し続けています。

 

今回はそんな中田ヤスタカの音楽人としての経歴を紹介しながら、楽曲提供を受けたアーティストについても紹介したいと思います。

ヒットメーカー中田ヤスタカとは?

10歳で当時習っていたピアノを使ったラジカセの多重録音に面白さを感じて、16歳の時には録音機材のお金欲しさに数十分で作った曲でヤマハ主催のコンテストに応募。見事にテクニック賞を受賞しました。
中田ヤスタカ <出典:www.summersonic.com>
要するに小さな頃から様々な機材を使いこなす音楽少年だったんですね。

 

1997年には同じく金沢市出身の「こしじまとしこ」と音楽ユニット『CAPSULE』を結成して、2001年にはメジャーデビュー。その後は順調に音楽活動を続けながら、2003年には『Perfume』、2011年には『きゃりーぱみゅぱみゅ』の音楽プロデュースを開始しました。
中田ヤスタカ <出典:www.officiallyjd.com>
音楽プロデューサーとしての活躍の傍ら、楽曲提供も行っています。

 

ちなみに、楽曲提供者と音楽プロデューサーの役割の違いについて、簡単にその違いをご紹介します。

 

楽曲提供者は「作詞作曲した楽曲を歌手に持ち歌として提供する人物」で、音楽プロデューサーは広い意味では「人材の発掘や育成から、アーティスト活動を行うための企画や宣伝などを行う人物」です。『モーニング娘。』をプロデュースしていた「つんく♂」をイメージすると分かりやすいですね。
つんく <出典:waowaowao.com>
ただし音楽プロデューサーといっても、中田ヤスタカは純粋に楽曲のみを提供することにこだわっていて、プロデュースするアーティストに専属で楽曲を提供する人物=プロデューサーという役割だそうです。

 

そんな中田ヤスタカが楽曲を提供したアーティストについてご紹介します!




あのSMAPに提供されたのは華やかなダンスナンバー

中田ヤスタカ <出典:www.katori-shingo.com>
バラエティから俳優まで幅広くこなす日本を代表するアイドルダンスグループ『SMAP』に提供した楽曲は「Amazing Discovery」です。

 

ハリーポッターの新アトラクションで沸くUSJのテーマソングおよびCMソングとして起用されたことでも大きな話題を呼びました。テーマパークらしい「楽しい何かを発見する」がテーマの歌詞と、きらびやかな曲調が印象的なナンバーになっています。

 

その他にも楽曲「ココロパズルリズム」「CHAN TO SHI NAI TO NE!」も提供しているようですね。

椎名林檎に提供されたのは女の子らしい1曲


<出典:www.youtube.com>
10代~40代までの男女に圧倒的な人気を誇り、「強いオンナ」の代名詞のような椎名林檎ですが、提供された楽曲は今までのイメージを大きく崩す曲となりました。

 


透明感のある曲調の中でコミカルな歌詞、元気な女の子らしいナンバーになっています。まさに椎名林檎の新境地の1曲となりました。

鈴木亜美がエロポップ?


10代、20代の女の子の""気持ち""を代弁した曲が多かった鈴木亜美ですが、中田ヤスタカに提供された楽曲はなんと大人の女性の曲でした。

 

提供曲は「FREE FREE/SUPER MUSIC MAKER」の両A面シングル曲で、どちらの曲もクラブミュージック調のサウンドとビートが、透明感のある鈴木亜美の歌声と合わさってエロカッコいい女性の曲に仕上がっています。

中田ヤスタカの提供する楽曲は、いずれも女の子らしい歌詞や透明感のあるサウンド、心地よいビートが特徴で、提供されたアーティストの新しい一面が発見できる良曲揃いですね。

 

これからも彼の提供楽曲が我々を楽しませてくれるでしょう。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!