俺らは俺らの個性で勝負!!枠に収まらないバンド・ギガマウスの人気曲

ヴィジュアル系バンドのギガマウスは他のバンドとは一風変わった音楽性とユーモアのあるパフォーマンスで人気を集めています。

ギガマウス <出典:https://twitter.com/giga_shiki/status/747345575473876993>

2013年のデビューからシングルを7枚リリースしていますが、フルアルバムを出すのは2016年5月が初めて。彼らの人気曲やおすすめ曲を紹介していきます。

ノリのいいパーティロック感満載の曲



<出典:https://www.youtube.com/watch?v=sf91NlTPUvU>

ギガマウスで1番人気があるのは、1stシングル「GIGA SPEAKER」です。

激しいリズムとギターリフがロック!という感じですが、キャッチーなメロディとボーカル・式の高めの伸び伸びとした歌声が爽やかさをプラスし、誰もが聞きやすい曲に仕上がっています。

ロックが苦手な方でも受け入れられるのではないでしょうか?

「監獄ロックメン」も人気があり、ライブではお客さんと一体感を味わい盛り上がれるようにと、丁寧に振り付けを指導してくれます。初めてギガマウスの曲をライブで聴いたという方も気に入ることが多い曲です。


<出典:https://www.youtube.com/watch?v=hqjhaOvBdWY>

この作品でパーティロック感を掴めてきたと式が語っていました。






恋愛のストーリーを持たせた連続リリース曲



<出典:https://www.youtube.com/watch?v=EHj9RLfkEc4>

「東京」「プラトニック」も恋の歌になっています。上京してきて初めての恋愛が不倫で、別れた後に少しすれた主人公の次の恋が「プラトニック」という設定です。

メロディラインと歌詞は切なく大人っぽい雰囲気ですが、派手なアレンジを加えたシャッフル曲に仕上げられています。


<出典:https://www.youtube.com/watch?v=qXnO67vCvwM>

また「プラトニック」は、4分打ちのリズムにギターリフが効いているのでくせになりそうな曲です。ライブでお客さんがタオルをぶんぶん振り回して楽しんでいる姿が目に浮かびます。

ギガマウスには珍しいバラード


一味違う「ノンフィクション」は切ないバラードになっています。しかし、ロックバンド特有のバラードにしたかったといい、それぞれの楽器を前面に押し上げたひねりのあるアレンジが効いています。

バラードといっても歌詞は恋愛物ではなく、努力しても報われなかったり望みが叶わなかったりしたときの悔しく悲しい気持ちを歌詞に表しました。

ヴィジュアル系っぽくない曲だといわれることがよくあったそうですが、ヴィジュアル系だからこういう曲でなければいけないという考えを、彼らははなから持ち合わせていません。

多彩な曲が作れて演奏テクも持っているバンド


ギガマウス <出典:https://twitter.com/giga_shiki/status/747064666426212353>

型にはまらないバンドを目指しているギガマウスは色々な曲とぶっ飛んだパフォーマンスが魅力なので、ライブに行くのが一番のおすすめです。

2016年9月に発売予定のミニアルバムは過去の曲を再録音したものなので、ギガマウスを知らない方はこのCDが入り口にぴったりでしょう。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!