6,326 views

ポール・マッカートニーの輝かしい伝説

ポールマッカートニー(Sir James Paul McCartney,MBE)は、ギネスブック(ギネス・ワールド・レコーズ)に「ポピュラー音楽史上最も成功した作曲家」として公式に認定されたミュージシャンです。
ポールマッカートニー
<出典:pmccartney.com>

そこで彼がなぜそのように呼ばれるようになったかその理由を、彼の有名な楽曲とともに少し御紹介してみたいと思います。

 

「ザ・ビートルズ」として世界中で大人気となった60年代

ポールマッカートニーはイギリス・リバプール生まれのイギリス人で、15歳のときにジョン・レノンと出会い「クオリーメン」というバンドを結成します。
その後何度かのメンバーの変遷を経て、1962年に「ザ・ビートルズ」としてのデビューを果たしました。デビュー曲の「ラブ・ミー・ドゥー」、2枚目のシングル「プリーズ・プリーズ・ミー」が立て続けにヒットし、ビートルズは一躍イギリスの大人気グループとなりました。
ザ・ビートルズ
<出典:magicaldoor2009.blog63.fc2.com>

その後イギリスのみならず世界中でもヒットを飛ばし、1970年に解散するまでさまざまなセールス記録を塗り替え続けただけでなく、その楽曲は以降の世界のポップ音楽シーンに多大な影響を残しています

ジョン・レノンと並んでビートルズの多くの楽曲を手がけたのがポールマッカートニーで、彼らの代表曲でもある「イエスタディ」や「レット・イット・ビー」、「ヘイ・ジュード」なども彼の作詞・作曲によるものです。

ビートルズは1966年に来日して武道館でコンサートを行い、以降武道館でのコンサートは日本のミュージシャンにとっても一つのステータスとなっています。

 


「ウイングス」で大ヒットを飛ばす70年代

ポールマッカートニーは、1970年4月にビートルズを脱退し翌年ビートルズは正式に解散しています。
その後ソロとして、「マッカートニー」「ラム」という2枚のアルバムを出した後、1971年に妻のリンダ・マッカートニーらとともにバンド「ウイングス」を結成し、解散するまでに7枚のオリジナルアルバムと1枚のライブアルバム、多くのシングルをリリースしました。
ウイングス
<出典:ja.wikipedia.org>

ウイングスが1973年に発表したアルバム「バンド・オン・ザ・ラン」は全世界で600万枚以上のセールを記録し、その後のアルバムも世界中で大ヒットを飛ばします。1977年のシングル「夢の旅人」は、イギリス国内でそれまでビートルズの持っていた記録を塗り替え「第2の国歌」と呼ばれるほどになりました。

その後は、ポール自身が1980年の来日ツアー時に麻薬所持で逮捕されたことをきっかけに、ウイングスは1981年に解散しています。

 

他のアーティストとのコラボも多い80年代以降

ウイングスの解散以降ポールマッカートニーは再びソロ活動を開始し、ソロアルバムのリリースやスティービー・ワンダー、マイケル・ジャクソンなど他のアーティストとの共作、「ウィ・アー・ザ・ワールド」で有名なバンドエイドへの参加など精力的な活動を続けます。1989年にエルビス・コステロと共作したアルバム「フラワー・イン・ザ・ダート」は、世界中で250万枚の売り上げを記録しています。
ポールマッカートニー
<出典:www.nikkei.com>

その後もワールドツアーを行うなど精力的な活動を続け、日本へも何度も来日してコンサートを行っています。2015年4月には、ビートルズ以来およそ50年ぶりに武道館でのコンサートを果たしました。

2000年代に入ってからもオリジナルアルバムのリリースを続けており、1990年代からはクラシック音楽も手がけて作品を発表し続けています。

 

時代を超えるポールマッカートニーの名曲たち

ポールマッカートニー
<出典:ennka-karaoke.blog.so-net.ne.jp>

ビートルズ時代から世界的なヒットメーカーとして活躍したポールマッカートニーは、現在でもミュージシャンを続けています。

彼の楽曲の数々は世界中の多くのミュージシャンに影響を与え、時代を超えて親しまれ愛され続けています。彼こそポップミュージックのレジェンドの称号にふさわしい人物はいないといえるでしょう。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ROCKの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!