今日からサク読み!トレタメアプリ


宝塚歌劇『王家に捧ぐ歌』において重要なキャストとなるアムネリス役。

初演ではトップ娘役の檀れいさん、再演では伶美うららさんが演じた役です。
王家に捧ぐ歌
周囲を圧倒する美貌と歌唱力が求められるアムネリスという人物に、博多座では彩花まりさんがチャレンジすることになりました!

彩花まりさんのプロフィール

彩花まり
「しおり」「しーちゃん」の愛称で親しまれる彩花まりさんは東京都板橋区出身。

2009年に初舞台を踏んだ話題の95期生です。彩花さんの入団時の成績は8番と、上位に入っていました。

95期はすでに愛希れいかさん、実咲凜音さん、妃海風さんという3人のトップ娘役を輩出しています。

宙組配属後、2010年『シャングリラ-水之城-』で大空祐飛さん演じる「空」の子ども時代を演じます。

その後も小劇場公演や新人公演で重要な役を務めてきました。ヒロイン経験はないものの、たしかな実力を持つ若手娘役の一人です。

彩花まりさんがアムネリス役に大抜擢!

大劇場公演でアムネリスを演じた伶美うららさんが博多座メンバーにいなかったので、純矢ちとせさんが演じるのではないかという声が上がっていました。
伶美うらら アムネリス
純矢さんは歌唱力に定評があり、これまでも目立った役どころが多く見られました。

純矢さんと比べると経験の少ない彩花まりさんを予想した人は少数派だったと思われます。

発表があったときには驚きの声と、歌唱力に対する期待の声が上がりました。

本人としてもこれまでにない大役ですから、今後のタカラジェンヌ人生における転換点となるかもしれません。

今年が勝負の年?

彩花まりさんたち95期は2016年現在、研究科8年です。新人公演を卒業し、実力が問われる学年になりました。
彩花まり
彩花さんにとって最後の新人公演となった『Shakespeare 〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜』では専科の美穂圭子さん演じるエリザベス1世を務めています。

アムネリス役でますます注目を集めることでしょう。

彩花まりさんは博多座『王家に捧ぐ歌』出演後、バウホール公演『Bow Singing Workshop』、さらには大劇場公演『エリザベート-愛と死の輪舞-』に出演することが決まっています。
Bow Singing Workshop
アムネリスという大役を演じることで、ますます成長した彩花まりさんが見られそうですね。

著者:宮島ムー(ヅカメモ管理人)

1 / 1

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!