今日からサク読み!トレタメアプリ


ハーフや海外出身など、国際的なタレントが数多く活躍する芸能界。その波は声優界にも!

今回は海外出身の帰国子女やハーフ、クウォーター、留学経験がある方など、ハイスペックな国際系男性声優さんをまとめてみました。

■ No.1 柿原徹也さん


出典:©株式会社Zynchro 公式Twitter(@zynchrostaff) より

所属:Zynchro
誕生日:1982年12月24日
出身地:ドイツ
主な出演作:音済百太郎(B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜)、神浜コウジ(KING OF PRISM)、東堂尽八(弱虫ペダル)など
Twitter:@zynchrostaff


一人目は言わずと知れた国際系男子・柿原徹也さん。日本語に加え、ドイツ語と英語が話せるトリリンガルです。

ドイツのデュッセルドルフ生まれの帰国子女。幼少期を数年日本で過ごした後は、18歳までずっとドイツで暮らしていたという柿原さん。

18歳になったら日本に来たいという憧れは持っていたものの、元々は子供が大好きで幼稚園の先生になりたかったという彼。

教育実習先でアニメキャラのモノマネをしたら子どもたちが言うことを聞いてくれるようになったことがきっかけで、アニメや漫画など日本の文化に改めて興味を持ち、さらに日本で暮らしたいという気持ちが強くなり、両親の反対を振り切ってトランク1つで単身上京。

上京してすぐは片言で、定時制の高校へ入り直して一から日本語を勉強し直したんだとか。

そんな柿原さんのドイツ語が聞けるのは「魔法少女リリカルなのは」のレヴァンティンや「K」のアドルフ・K・ヴァイスマンなど。

■ No.2 村瀬歩さん


村瀬歩
出典:©梶100!@日テレプラス‏ 公式Twitter(@kajihyaku) より(写真左)

所属:VIMS
誕生日:1988年12月14日
出身地:アメリカ合衆国
主な出演作:日向翔陽(ハイキュー!!)、アレン・ウォーカー(D.Gray-man HALLOW)、九ノ瀬宙太(エルドライブ【ēlDLIVE】)など
Twitter:@murashiroag(村瀬くんと八代くん公式アカウント)


村瀬さんはアメリカ出身の帰国子女。アメリカに住んでいたのは生まれてから数年だけだそうですが、英語はペラペラ!時折ラジオや映像番組で流暢な英語を披露しています。

そんな村瀬さんの英語が聞けるのは「DEVILMAN crybaby」の飛鳥了や「バンドやろうぜ!」の晶など。

特に「DEVILMAN crybaby」ではネイティブな英語のままかなりのセリフ量を喋っており、村瀬さんの英語のお芝居を聞くためだけでもNetflixに入る価値アリ!村瀬さんの英語を褒める海外ファンの声も続々と増えているようです。

また、こちらのキャラクターソングでも綺麗な英語を披露しています。


出典:youtube ©株式会社ノワ
『壁ドン!&床ドン!SONG♪』シリーズ試聴動画(オリジナルVer.) より


■ No.3 濱野大輝さん

出典:©濱野大輝 公式Twitter(@daikiteasy) より(動画右)

所属: アーツビジョン
誕生日:1989年3月30日
出身地:東京都
主な出演作:円城寺道流(アイドルマスター SideM)、鬼塚豪(遊☆戯☆王VRAINS)、速瀬隆伸(DAYS)など
Twitter:@daikiteasy


濱野さんは今回ご紹介する中で唯一帰国子女でもハーフでもない方。

ですが、幼いころから英語を習っていたり、高校3年間はシドニーで過ごしていた経験から英語は超ペラペラ!

アイドルマスターSideMのラジオ「315プロNight!」でも、この後ご紹介する駒田航さんと楽しそうな英会話を披露し話題となりました。

出典:©濱野大輝 公式Twitter(@daikiteasy) より
まだ名前のついた役柄で濱野さんの英語が確認できるものは少ないですが、「ブレンドS」の外国人客役、「スタミュ」、「クラシカロイド」、「シャーロット」のアナウンサー役などで英語を喋っています。


1 2 3 4>>

1 / 4

この記事をみんなにシェアする

声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!