花組の再演が見事にハマった『新源氏物語』の最新観劇レポ


トレタメ

3,032 views

華麗な王朝絵巻を、花組が実力通りに再現


『新源氏物語』の魅力のひとつは、華麗な宮廷絵巻が舞台の上に描かれているところですね。幕開けから、まずその豪華さに息を飲みます。特に衣装のきらびやかなところはそれだけでも目を奪われました。






明日海りおさんの光源氏や女性たちの姿が美しいのはもちろんですが、姿ばかりではなく、その立ち振舞いにも目が惹きつけられます。その非日常感は、さすがタカラヅカ。




新源氏物語


六条御息所を演じるのは、男役スターの柚香光さん。六条御息所は光源氏よりも年上で、だからこそ光源氏に対する愛情や嫉妬を押さえてしまい、嫉妬で葵上を殺してしまうことになる女性です。



新源氏物語




その六条御息所を男役スターの柚香光さんが演じたことによって、光源氏のお姉さん的な、きりりとした年上の女性というのをよく表現されていたと感じました。

『新源氏物語』は登場人物が多い舞台です。その点でも現在の花組は芸達者なタカラジェンヌが揃っているので、『新源氏物語』の花組再演は正解だったと感じられる舞台でした。

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!