7,667 views

粒揃いの97期生から飛び出した花組娘役・雛リリカさん

実力派揃いと言われる97期生、そんな97期生の中で花組の娘役として活躍しているのが雛リリカさんです。
雛リリカ
<出典:prcm.jp>

実力のあるタカラジェンヌが揃っていることもあって配役の多い舞台もこなせるという評価も高い花組。
その花組の舞台を支える娘役としてさまざまな役をこなして早くも活躍中の雛リリカさんについて、気になるプロフィールをご紹介しましょう。

 

■組回りを経て花組に配属

千葉県出身の雛リリカさんは2009年に宝塚音楽学校に入学、2011年に入団した97期生です。
実力派揃いと言われる97期生の中で、入団時の成績が19番目というのは注目に値します。

初舞台は、星組公演『ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び』でした。その後、組回りを経て花組に配属。競争相手の多い花組ですが、すでにさまざまな役を演じて順調にキャリアを積んでいます。
雛リリカ
<出典:www.kawajiballet.net>

初舞台後、どの組に配属されるのかはタカラジェンヌによって異なります。初舞台を踏んでからすぐに配属が決まる場合もあれば、組回りといってさまざまな組の舞台を経験した上で、配属が決まる場合もあります。

雛リリカさんは初舞台の後、月組公演『アルジェの男/Dance Romanesque』を経験した後に花組への配属が決まりました。

 

■『新源氏物語』の新人公演で代役ながら朧月夜役をゲット


花組は宝塚歌劇団の中でも、中心的な組という位置付けです。

しかも現在の花組は、粒揃いと言われている激戦地です。実力のあるタカラジェンヌが多いこともあって、2015年に再演される『新源氏物語』など、配役が多い舞台を担当することも多いですね。
新源氏物語
<出典:kageki.hankyu.co.jp>

雛リリカさんは体調不良のため『カリスタの海に抱かれて』の舞台を休演したことがありましたが、現在は復帰。『新源氏物語』の新人公演では、乙羽映見さんの代役として朧月夜を演じています。

たとえ代役とは言え、朧月夜という主人公の光源氏に絡む重要な役に抜擢された雛リリカさん。
競争が激しい花組の中で雛リリカさんがどんな活躍をするのか?組名の通り花開いていく姿をしっかりとウォッチしていきたいと思います♪

カテゴリー
タグ 娘役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!