花組公演「ベルサイユのばら−フェルゼンとマリー・アントワネット編」の台湾公演ライブビューイングレポート

宝塚歌劇団には人気の演目がいくつもありますが、やはりなんといっても「ベルサイユのばら」は一番の代表作といってもいいでしょう。その「ベルサイユのばら」の台湾公演が行われますが、ヅカファンも一緒に海外まで追いかけていくのは、なかなか大変です。海外公演ということで涙を呑んだ人も多いでしょう。しかし、台湾まで行くのが無理なら、ライブビューイングがあります♪



ベルサイユのばら
<出典:blog.goo.ne.jp>




「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」「宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)の2本立て





台湾公演の特徴は、「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」の上演時間が1幕・1時間40分と短くなって新しく生まれ変わるというところです。


「ベルサイユのばら」という作品は宮廷の華やかなシーンも見所ですが、その人間関係とストーリーが魅力の作品のため、上演時間が短くなるということは話が薄くなることですから観劇するまではどうなるのだろうと期待半分、心配半分でした。


しかし、再演を重ねるごとに発展がみられるのがタカラヅカ。確かに華やかな宮廷のシーンなどはすべてカットされてしまいましたが、だからといって話が薄くなったとは感じさせない、観劇した後は、しっかり「ベルサイユのばら」を観たという感覚が残るところはさすがの一言。



今回の花組公演では、フェルゼン役はトップスター明日海りおさん。そしてマリー・アントワネット役は蘭乃はなさんから花乃まりあさんに変更、そのほかの配役も何人か変更されていて、その点も新鮮なところがありました。



ベルサイユのばら
<出典:www.asahi.com>




台湾公演ということで歌にも中国語の歌詞が入っていたりで、いつもと異なる雰囲気を楽しむことができます。短くなったものの状況説明などもありましたから、台湾のヅカファンにも分かりやすく、そして宝塚歌劇団の魅力が伝わったのではないでしょうか。



ベルサイユのばら
<出典:blogs.yahoo.co.jp>






ライブビューイングでも迫力十分なのは、さすがタカラヅカ


「ベルサイユのばら」も最初は2本立てだったといいますが、最近では1本で上演されることが多くなっています。それが台湾公演では宝塚レビューである「宝塚幻想曲」との2本立てですから久しぶりとでもいうのでしょうか。



宝塚幻想曲
<出典:kageki.hankyu.co.jp>




宝塚歌劇団といえば華やかな衣装とダンス、歌が醍醐味ですから、こちらもしっかり貫禄十分。台湾公演ということで宝塚歌劇団のいいとこ取りともいえる舞台、もちろん生の舞台は素晴らしいものですが、ライブビューイングでも十分に堪能することができますよ!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!