4,913 views


芹香斗亜さんのめざましい活躍

芹香斗亜さんは、2007年に宝塚に入団してしばらくは月組で新人公演の主役を務めるなど、活躍をしてきました。

もともと、お父さんが野球解説者の山沖之彦さん、お母さんが元多タカラジェンヌの白川亜樹さんという血筋の為、入団当初から注目を集めていた方でもあります。

しかし、親の七光りを感じさせず、その実力は本物で、新人公演では何度も主役をはるほどの人気を博しています。
芹香斗亜
最近の活躍では2015年、阪急交通社の7代目イメージキャラクターとして活躍されたのが目新しい活躍といえます。

これも娘役のスターがイメージキャラクターを務めるのが今まで多かった中、異例中の異例と言えるほどの大抜擢と言われています。

人気と実力を兼ね備えているスターならではのエピソードともいえます。

ショーと演劇両方を満喫できる舞台

雪華抄/金色の砂漠

久しぶりの新作劇場公演でもある『雪華抄/金色の砂漠』は、金色の砂漠のストーリーに加えて、前半で行われる雪華抄のショーも気になるところです。

国際的に活躍デザイナー丸山啓太さんの衣装デザインにも注目しつつ、ショーと演劇両方を満喫しましょう♪

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!