東出昌大のココがやばい!東出、美の象徴になるってよ。


6,715 views


日本料理屋の息子で歴史好きな和風好青年

音痴だろうがなんだろうが、ずっと好感度が高い東出昌大。

その理由は、彼から滲み出る落ち着き、品のある所作、言葉遣いにある。

落語や歴史が好き、読書の時間を失いたくなくてスマホをガラケーに変更したとか。

実家は日本料理のお店で、自分も料理ができます。川ですっぽんやら鰻やらを釣り、自分で捌いて食べるという一面も。

今時珍しい、昭和感のある佇まいが人気の秘訣なのかもしれません。

夏は浴衣で過ごす的な情報もある完全なる和風男子、好青年ですよね。

好きな音楽はMOROHA、マキシマムザホルモン

ヤン・イクチュン(左)・東出昌大(右)出典:映画ナタリー © Natasha,Inc. より
そんな和風男子のイメージをサクッとお覆しになるのが東出昌大。

本人も

「よく和風男子ってカテゴライズされますが、普通の男です」

と仰る通り、もちろんイメージとギャップのあることもしています。

「好きな音楽?マキシマムザホルモンに、池松壮亮くんに教えてもらったラップグループのMOROHA。」

「休日?コンソメ味のポテチとコーラ、最高。」

「マルゲリータピザ大好き、お気に入りのマルゲリータピザを食べるためだけに大阪旅行計画した。」

なんやかんや普通の男の子!可愛いですね!


水を得た魚のように気持ち悪い

顔よし、スタイル良し、性格にくめなし、の爽やかボーイとして浸透していた東出昌大。

そんな彼の新たな一面が世間に知れ渡ったのが、映画「寄生獣」でした。

出典:youtube ©映画「寄生獣」製作委員会 映画『寄生獣』予告編より

彼は、謎の寄生生物に体を乗っ取られた高校生の転校生、島田秀雄を演じました。

これがほんとに…き…不気味で……。

人間じゃないけれど人間に溶け込もうと、笑顔を作ったり元気に挨拶したりするんですが、

本当に…人間じゃないけど人間に溶け込もうとしている異生物なんです。

表情も声のトーンも人間の模倣だけれど、模倣しきれない。笑顔がまじで怖い。


この気持ち悪、気持ち悪さがハマり役で、爽やかなだけの印象はぶっ飛び、「不気味」という大きな武器を手に入れました。

原作の島田秀雄との比較画像がこちら。

寄生獣出典:cinema cafe net © 岩明均/講談社より

やべえ。


羽生善治がタイムスリップしてきた

将棋の映画「聖の青春」。

病と戦いながら29年間の生涯を将棋に捧げた村山聖棋士。その生き様を、松山ケンイチが見事に演じきりました。

村山棋士が尊敬するライバル棋士は、前人未踏の偉業を次々成し遂げ、国民栄誉賞が授与された羽生善治棋士。

その羽生棋士を演じた東出昌大、羽生棋士の若い頃の生き写しだと話題になりました。

実際、将棋がめちゃくちゃ好きな東出。羽生先生のことももちろん尊敬していて、所作や癖などを全てじっくりと研究し、生き写しレベルに仕上げてきました。

聖の青春出典:「聖の青春」公式サイト ©2016「聖の青春」製作委員会 キャスト・キャラクターより

ちなみに、映画内で掛けている丸いメガネは、実際に羽生棋士が若い頃に使用していたものを譲り受けています。引き出しの大切なところにしまいこみ、家宝としているそうです。

1 2 3>>

2 / 3

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 映画未分類東出昌大

映画の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!