160,467 views

公演本編では、いつも以上の熱演を魅せる星組生たち。

堪えきれず涙がこぼれてしまう人も多く、なかでも北翔さん演じる半次郎が死ぬ直前、北翔さんの頬を伝った涙を次期トップスターの紅ゆずるさんが涙ながらに拭うシーン。その瞬間、会場全体が涙で溢れるような、何にも例えられない不思議な空気感となりました。

まさに退団公演ならではの一日限りのステージですね。

その後のサヨナラショーではこれまでの北翔さんの辿った歴史を振り返るような選曲と演出。

ラブドリ みちふう
出典:©宝塚歌劇団
星組公演 『LOVE & DREAM』 より


「LOVE & DREAM」の「夢はひそかに」ではガラスの靴を履かせてあげる大興奮の名シーンを再び味わうことができたり、「ガイズ&ドールズ」の名曲『はじめての恋』を銀橋で2人歌っている時には、妃海さんが歌う姿を見つめ、歯を食いしばって涙を堪える北翔さんの姿もとても印象的だったように思います。

そしてサヨナラショー最後の楽曲はミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の挿入歌『Climb every mountain』。

終盤で星組生全員の顔を見回したあと前を振り返った時に、涙する北翔さんが美しくて清らかで間違いなくこの日、最高の瞬間だったと思います。『Climb every mountain』は、「勇気を持って進んで行きなさい」というメッセージが込められた一曲。この楽曲は北翔さんが選曲した曲だったようです。

北翔さんの最後の挨拶では妃海さんにふれることはなかったものの『トップスター・北翔海莉』として、「21年間の出会いは必然」「ファンの皆様の存在が私の心の支えだった」と全身全霊で感謝の気持ちを伝える北翔さんらしい挨拶でした。


妃海さんは胸がいっぱいになるくらい幸せで伝えきれない。本当に幸せ者です。と口にした後、『みちこさーん!』とおもむろに北翔さんを呼びます。

「世界で一番素敵な恋を経験させていただきました。本当に幸せでした。これからも好きでいていいですか!」

と最後の最後まで北翔さんへの全力の愛を叫び、舞台を見渡し、星組生全員にも「好きです、好きです」と愛を伝える妃海さんに星組生たちは泣き笑い。

こんなに幸せいっぱいな雰囲気が組全体から伝わることってそうそうないですよね・・・!

そして何回目かのカーテンコールでの二人の最後の挨拶。


北『大きな愛で変わらぬ愛で包んでくれて本当にありがとう。ふうちゃんの幸せそうなオーラが星組を包んでみんな幸せでいれた。すべてはふうちゃんのおかげだと思います。』
妃『こんなに素敵な恋をさせていただいて…(笑い泣き)』
北『公開告白みたいじゃない!笑』
妃『…みちこさん、後でぎゅっとさせてください』
客『ふうううううう!!!!!』


なんだ、ただの寿退団か。(錯覚)

『また2人で 新生星組みに来ます』と退団後デートのお約束を取り付ける北翔さんに、妃海さんは目をキラキラと輝かせぴょんぴょん跳ねて喜んでいてもう末永くお幸せに…状態です。(最高に尊い)終演後、会場を後にされる際、北翔さんにぎゅってしてもらえたよ!とガッツポーズでファンの皆さんに報告されていた無邪気なプリンセスなふうちゃん。尊いオブ尊い。

みちふうforever!!世界一幸せな恋をありがとう


東京大劇場の千秋楽、最後の最後まで幸せいっぱいな姿をみせてくれたみちふう。


相手役として北翔さんをいつでも慕い、そして恋する乙女のようにキラキラした眼差しを向けてきた妃海さん。そんな彼女を大きな懐で包み込み妃海さん、そして星組を支え続けてきた北翔さん。

二人のエピソードは「ラブラブ」というよりかは、「お互いがお互いを求めている」感がとても幸せいっぱいに伝わってきて、胸が熱くなるものばかりだったなあと筆者も改めて感じています。「一緒に星組公演を観に行こう」と公開デートの約束もされていたので、二人揃った姿を見られる日はもしかしたら近いかもしれませんね。

宝塚を卒業し新たなステージへと踏み出したお二人のこれからが素晴らしい人生になりますように。

▷▶みちふう退団後のエピソードはこちら♡
永遠の恋…♡世界一の幸せカップル、みちふうコンビの愛は続く!

1 2 3 4 5 6 7

7 / 7

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!