今日からサク読み!トレタメアプリ


フィギュアスケートは、選手が1人ずつ(ペアの場合は2人ずつ)滑走し、技の難易度や表現力などに応じて付けられたポイントの合計を競うスポーツ。SP(ショートプログラム)やFP(フリープログラム)の滑走順はあらかじめ決められていますが、滑走順は精神面に大きな影響を与える要素の1つです。

フィギュアスケート

今回は、フィギュアスケート世界選手権の滑走順の決め方などをご紹介します。

SPの滑走順の決め方

世界選手権におけるSPの滑走順は、世界ランキングをもとに決めています。出場選手の世界ランキングを参考にし、まずは上位グループと下位グループの2つのグループに選手を振り分けます。その後、各グループの選手が抽選を行い、その抽選によって最終的な滑走順が決定します。

先に滑走する選手は、下位グループに振り分けられた選手からです。そのため、世界ランキング上位の選手がSPの前半で滑走することはありません。

フィギュアにおける滑走順の重要性


フィギュアにおける滑走順の重要性は、SPとは異なります。SPの成績を参考に決定されるFPの滑走順は、まずSPの成績をもとにグループを分け、そのグループ内で抽選をすることによって最終的な滑走順を決めています。

「SPでトップになった選手が最後に滑走する」と誤解している方もいますが、世界選手権においては必ずしもSPの成績の逆順になるわけではありません。ただしあらかじめSPの成績によってグループ分けされるため、SPで好成績を収めた選手は最終グループでの滑走となります。


SPの滑走順の決め方


大会によって滑走順の決め方が異なる?

フィギュアスケートの滑走順の決め方は、大会によって異なります。まずSPの滑走順に関してですが、たとえばGPファイナルでは抽選が行われることはなく、滑走順は世界ランキングの逆順となっています。また、ジュニア選手権のように、世界ランキングを参考にせず抽選のみで滑走順が決める大会も見られます。

また、GPファイナルではFPに関しても抽選が行われることはありません。SPの成績の逆順に滑走順が定められており、SPでトップになった選手が最後の滑走となります。また、ジュニア選手権FPの滑走順は世界選手権と同様の決め方となっています。
このように、大会によって滑走順の決め方は異なります。世界選手権FPにおける滑走順の決め方がSPの成績の逆順だと誤解してしまう理由はこのようなところにあるのでしょう。


1 2>>

1 / 2

この記事をみんなにシェアする

スポーツの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!