ヒャダイン(前山田健一)の作ったテンションが速攻で上がるアイドルソングの数々!

数多くのヒット曲を手がけてきた”ヒャダイン”こと前山田健一さん。

今回の記事ではそんなヒャダインさんのヒット曲のなかでもとりわけオススメの”アイドルソング”を紹介していきます!

★ヒャダインの天才だけど苦労人な過去

曲を紹介する記事なのですが、最初に少しだけヒャダインさんの経歴を紹介させてください(笑)

ヒャダイン <出典:http://matome.naver.jp/odai/2140515766708202501>

3歳の頃からピアノを始めて、中学生の時にシンセサイザーで打ち込みを始めるというミュージシャンや音楽プロデューサーらしい青春時代を送って音楽に親しんできたヒャダインさんなのですが・・・

なんと頭脳のほうも素晴しいんです!!

高校は大阪星光学院高等学校という地元では知らない人はいないぐらいの進学校に通ってたようです!

その頃の写真がよくテレビで上げられてますね!

こちらです(笑)↓↓

ヒャダイン <出典:http://news021.net/post-675/>

大学は皆さんご存知の京都大学総合人間学部を卒業しています!

そんなヒャダインさんですが大学卒業後は、作詞家・松井五郎さんに弟子入りをして音楽活動を開始しますがほとんど上手くいっていなかったとのことです。

その後、ニコニコ動画を使って動画の投稿を始めて少しずつ”ヒャダイン”としての名前が全国に知られるようになっていきました。

その他にも様々なエピソードなどあるんですが曲を紹介する記事なのでプロフィールはこの辺にておきます(笑)

ではでは曲の紹介に入ります。。

★ももクロとは戦友

ヒャダインさんをゲーム音楽以外で有名にしたのはももクロ(ももいろクローバーZ)かと思います!

ヒャダイン・ももクロ <出典:http://omp-s.com/articles/2174>

なかでも、ももクロそのものも有名にした
「行くぜっ!怪盗少女」



この動画は、ももいろクローバーの時なのでみんなまだ幼い頃ですね!
後、なんといっても脱退した早見あかりさんがまだいますね!

早見あかりさんはNHKの朝の連続テレビ小説『マッサン』に主人公の妹役として出演するなど女優として大活躍中です!

また、どんどん人気になっていくももクロのメンバーの「どんなに有名になっても、応援してくれるファンの人達の事を思い続ける」という想いを代弁した歌詞が特徴的な
「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」



また、曲の落ちサビの部分に

「ボクのこと キライですか?
でも この愛を キミに捧げよう」

という部分でアンチに対しても全力で愛を届けていこうというメッセージもこめられているようです!
読み解いていくとヒャダインさんの歌詞は深いものが多いですねー。

「ココナッツ」



これもファンにとっては超有名な曲ですね!

この3つを挙げたのにも理由がありましてこれらの曲の特徴として
ジェットコースターのように展開が次々変わり予定調和が全くない音楽と知られるもので
「ジェットコースター音楽」などどとも言われて賞賛されています!

ももクロには楽曲提供だけでなく、学校の勉強を教えてあげたりもしていたとか・・・。
そんなももクロのメンバーたちのことをヒャダインさんは「戦友」と呼んでいるようです!
なんかいい関係ですね・・!



★ももクロの妹分へも楽曲提供

ももクロと同じスターダストプロモーション所属の妹分のグループにもヒャダインさんは楽曲提供をしているのでオススメの曲を紹介しますー。

私立恵比寿中学「えびぞりダイアモンド!!」
中学生が送ってる毎日をこんなにもリズミカルで楽しい音楽にできるのか・・と思ってしまうほど明るくテンションがあがる曲です!

なんといってもあいあい(廣田あいか)の声が特徴的ですねー。。



あいあいは地声があの声なのでしょうか・・・?
詳しいことは僕にはわかりませんが・・(笑)

あいあい <出典:http://otowota.com/archives/2015/m%E3%82%B9%E3%83%86-%E3%82%A8%E3%83%93%E4%B8%AD%E5%BB%A3%E7%94%B0%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AE%E5%A3%B0%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%88%86%E3%81%91%E3%81%8C%E5%87%84%E3%81%84/>

そのほかにもチームしゃちほこに「満腹! 笛ロマンス」という曲を提供したりもしてますー。

★でんぱ組incへの楽曲提供

メンバーがオタク的要素を持っていることが特徴的なでんぱ組inc

でんぱ組・ヒャダイン <出典:https://www.youtube.com/watch?v=9GqRRUF7xaM>

「W.W.D」
でんぱ組incのメンバーたちのどん底からのスタートを表現した歌詞と
たたみかけるリズムに注目です!

ももクロの曲などでもそうなのですが、ヒャダインさんはドキュメンタリー的な要素を歌詞に入れ込むのが得意ですね!さすがです!

また曲中にはこんな歌詞も↓↓

Let me tell you how to use "uryaoi"
(うりゃおいの使いかたを教えます!)

please shout it twice after our singing

(私たちが歌った後に2回叫んでください!)

の部分を英語にしていて”ワールドワイド”に活躍して欲しいという想いがこの曲のタイトルと上手くマッチしてますね!



つづいて・・・

「W.W.D II」

「W.W.D」はマイナスから這い上がってきたメンバーたちの歌ですが、この曲は有名になった後のメンバーの苦悩を描いています。



「色々周りの状況変わったんだよ・・・」

「みんなといるのに孤独を感じる・・・」

のようにグループとしては成長しているけど
自分はそれに追いつけていけてないもどかしさが表れてますー。



★AKB48のあの曲も?

AKBの曲とヒャダインさんを連想する人は少ないと思いますが、AKBにも楽曲提供しています!

「となりのバナナ」

まわりのことが気になってしまったり自分を大きく見せようとしてしまったりする思春期の感情を描いた詩が特徴的なのがAKBファンなら知らない人はいない曲だと思いますが
この曲もメロディーはヒャダインさんが作っています!

ももクロやでんぱ組に提供しているスピード感ある曲とはまた違ってさっぱりとしたメロディーですー。



「君しか」

こちらもヒャダインさん作曲です!



「木漏れ日のオープンカフェ あの席に誰かが座ってた
恋人をきっと待ってるのだろう 頬杖が君に似てる」

Aメロが印象的なこの曲は個人的に超オススメです!
この2曲はヒャダインさんが影響をうけたいう秋元康さんの作詞との夢のコラボですね!

★ヒャダインさんのプロとしての姿勢

ヒャダインさんはインタビューの中でこれから作家を志す人へのメッセージを求められ

「言い訳しないことでしょうか。ひとつひとつがオーディションのようなものなので、手を抜いたものを出す癖はつけない方がいいと思います」

と述べており、かなりの多くの曲をつくられているヒャダインさんですが1曲、1曲手を抜かずに出し続けてきたからこそこれdだけ多くのヒット曲をつくってこられたんですね!

ヒャダイン <出典:http://laughy.jp/1435931925797178375>

そんな高いプロ意識を持つヒャダインさんがこれからつくる音楽はこれからどんな影響を与えどんなメッセージを伝えるのでしょうか?


コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

48グループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!