トレタメ記事内画像について


720,382 views

カラオケガチ勢の僕が選ぶ、歌うのが難しい邦楽男性アーティストまとめ!

あけましておめでとうございます! トレタメ編集のしもDですヽ( ・∀・)ノ

突然ですが僕はカラオケが好きです。歌は下手ですがカラオケガチ勢です。

近年ではYoutube・ニコニコ動画での「歌ってみた」のブームやカラオケの精密採点の点数で対決するテレビ番組なども放送されていて、歌唱のテクニックについて興味関心を持つ方も増えているのではないでしょうか?

カラオケ <出典:www.round1.co.jp>

僕も様々な所から影響を受けてミックスボイス(ミドル)やヘッドボイスファルセットビブラートシャウトデスボイス(グロウル、ガテラル)、エッジボイススクリームなど様々な歌唱テクニックを練習し、一通りは身につけたのですが、やっぱり歌えない歌は歌えませんね・・・

今回はカラオケで今までいろんな曲に挑戦してきた僕が今までの経験から選ぶ、カラオケで歌うのが難しい邦楽の男性アーティストをいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

※邦楽・男性アーティスト・ボーカルが一人という条件の中から「音域の広さ+歌唱技術の多さ」という全てを総合した難易度の高さでピックアップした4組のアーティストをご紹介していきます。

UVERworld

まず一組目は中高生など、若い世代を中心に絶大な人気を誇っているUVERworld

UVERworld <出典:vif-music.com>
アニメソングのタイアップも多く、カラオケでも人気が高い彼らですが、歌うのはかなり難しいです。

まず楽曲のクセが強い。結成初期と比べると作風もだいぶ変化し、様々なジャンルを内包した彼らだけの音楽が出来上がっているので曲を掴むのからだいぶ手こずります。

そしてなんといってもボーカル、TAKUYA∞歌唱技術の幅広さ、そして音域の広さが凄いです。

ラップやボイパ、ダミ声など他のバンドで使われないような歌い方を駆使してくる上に高音がきっついきっつい。

低音から高音までが一本で繋がっているかのように滑らかに切り替わるのでおそらくTAKUYA∞は生まれつき高音の発声法を身につけていた天然ミックスボイスの持ち主だと思われます。そして尚且つものすごいボイトレをしてるんでしょうね・・・

UVERworldは初期楽曲と現在の楽曲でキーの高さが違いすぎるので、TAKUYA∞は限界に挑戦し続けるストイックなボーカリストだと思います。

僕はCORE PRIDEが好きで歌ってみようと挑戦しましたが見事に撃沈しました。


<出典:www.youtube.com>
まず出だしのラップから難しいし、リズム掴みにくいし、終始頻出のhiAがしんどすぎるし、終盤に最高音が出てきた後にまだサビが続くという鬼畜仕様。スタミナが持ちませんでした\(^o^)/


1 2 3 4>>

1 / 4

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

しもD

この記事を書いた人

ラルクと椎名林檎と相対性理論で育ったサブカルメンヘラバンギャルおじさんだよ!本命盤はDEZERTで、ゆるめるモ!あの推し。カラオケガチ勢の高音厨で、音域はlowG-hiGの3オクターブです( ‘-^ )b

この記事をみんなにシェアする

この記事を見た人はこんな記事も見ています

スタッフブログの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!