トレタメ記事内画像について


25,927 views

境界線に存在する2.5次元パラレルシンガー酸欠少女さユりのシングル&新曲「平行線」はこんな曲!

14歳で音楽活動を始め、若くも音楽で生きていこうと決意し東京に降り立った、とあるシンガーソングライター"酸欠少女さユり"

数々の路上でライブをしながら様々な人と出会い、自らの音楽との生き方を模索した彼女は2015年8月26日に「ミカヅキ」でメジャーデビューを果たします。この楽曲はフジテレビ“ノイタミナ”アニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」EDテーマソングとしても起用されました。

今回は世の中の息苦しさを歌う"酸欠少女さユリ"の4つの楽曲、そして2017年3月1日にリリースした「クズの本懐」ED「平行線」ついてレビューしていきたいと思います。

"酸欠少女さユり"の実態は?

酸欠少女さユり
出典:© Natasha,Inc. ナタリー 酸欠少女さユり、3次元と2次元で表現する新ビジュアル公開 より

まず初めに、酸欠少女さユりさんのご紹介からしていきたいと思います。

2.5次元パラレルシンガーと銘打った彼女は2次元と3次元、パラレルワールドに出現するとされており楽曲のMVなどでも、さユりと""他世界のさユり”が登場します。

さユりは3人に分裂し生息しており、3次元で歌い続ける「酸欠少女さユり」、MVなどでよく見かける、さユりの後悔の念が産んだ「さゆり」、自分の意志を貫き純粋に行動する、さユりの本能ともされている「サゆり」が存在しています。

他にも様々な形のさユりが具現化しており、その独特で魅惑的な世界観に今多くの人が魅了されています。

前述でもご紹介した通り、2015年の8月に1st シングル「ミカヅキ」でメジャーデビューし、2016年2月24日には2nd シングル「それは小さな光のような」をリリース。こちらもフジテレビ"ノイタミナ"アニメ「僕だけがいない街」のEDテーマに起用。

2016年6月24日に配信限定 EPとして3rd シングル「るーららるーらーるららるーらー」をリリース。その後RADWIMPSの野田洋次郎さんが楽曲提供・プロデュース し話題となった4th シングル「フラレガイガール」 を2016年12月7日にリリース。

そして、"ノイタミナ"アニメ&ドラマ「クズの本懐」EDとそて起用された5thシングル「平行線」を2017年3月1日にリリースしました。

混沌とした負の感情とかすかな光を歌った歌詞、いつまでも忘れることができないメロディーにさユりさんの楽曲と似たような感情を抱えた多くの人の共感を呼んでいます。




1 2 3 4 5 6 7>>

1 / 7

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

さわD

この記事を書いた人

様々な趣味を持つ万能型クリエイター。“D”の意思を継ぐ者。音楽に関しては多くの知識を持ち合わせている。その他にカメラマンとしてアーティスト写真の撮影なども行っている。そして日々、2次元の世界に憧れを抱いている。

この記事をみんなにシェアする

この記事を見た人はこんな記事も見ています

スタッフブログの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!