今日からサク読み!トレタメアプリ


つい先日、宝塚歌劇団を発表した星組の壱城あずささん。美貌と華やかさ、確かな実力で大人気の星組スターです。

現在星組トップスターの紅ゆずるさんトップ就任に際して大きな力で支えてきた壱城さん。愛らしい美貌に反して、男らしい声、熱い舞台姿で星組を盛り上げてきた男役です。

退団発表はファンにとってはショッキングな事件で、Yahoo!ニュースに取り上げられたほど。

トップスターでもなく、二番手スターでもないけれど、男役を究め、宝塚を愛しぬいた壱城さんだからこそ、ファンにも愛されてきたのでしょう。

それでは壱城さんの舞台歴やエピソードをひもといていきましょうか。

星組生え抜き。星組らしいパッションある男役として成長

壱城あずさ 退団出典:©宝塚歌劇団 公式HPより
本壱城あずささんは、2003年初舞台の89期生。

同期には花組トップスターの明日海りおさん、雪組トップスターの望海風斗さんのほか、美弥るりかさん、七海ひろきさんなど、現在スターとして輝いている男役が揃っています。

成績の良さと美貌ゆえ、注目はされてきたものの、新人公演での主演作はなく、常にサイドメンバーとして輝いてきていました。

ただ、スカイステージのレポートを務める、スカイフェアリーズを務めたこともあり、やはり目立つ存在ではあったと言えます。

新人公演時代は、涼紫央さんの役を演じることが多く、星組らしいパッションを感じさせる男役として成長。

2011年博多座での「ノバ・ボサ・ノバ」では、マールとボールソを、美弥るりかさんとダブルキャストで演じたり、2013年の「ロミオとジュリエット」では、マーキューシオとパリス伯爵を、天寿光希さんとのダブルキャストで演じたりと、主要メンバーとして欠かせない一人となっていきました。

2011年の大ヒット作「オーシャンズ11」でも、イレブンメンバーのバシャー・ター役として活躍。華麗なマジックを見せてくれました。

1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!