台湾 ホラー 呪詛 キャスト

428 views

”台湾史上最も怖いホラー作品”といわれたケヴィン・コー(柯孟融)監督のホラー映画『呪詛』。2022年7月よりNETFLIXを通じて待望の世界配信が開始!

本ページでは、出演キャストの詳しいプロフィールや作品のストーリーなどをたっぷり紹介します。

*表示が崩れる方はコチラ
*内容にネタバレが含まれる場合があります




作品概要




邦題
呪詛
原題
英題
Incantation
ジャンル
ホラー
製作国
台湾
公開日
2022年3月18日(台湾)
時間
111分
配信サイト
NETFLIX
配給
Activator Licensing
監督
ケヴィン・コー(柯孟融)
脚本
ケヴィン・コー(柯孟融)、チャン・ジャウェイ(張喆崴)
音楽
李銘傑

あらすじ


6年前、ルォナンと恋人のアードン、アードンのいとこのアーユエンは、セルフメディアスタジオ「ゴーストバスターズ」を結成し、心霊スポットを訪れては怪談や都市伝説を解読し、迷信を払拭することに力を注いでいた。

そのプロジェクトのひとつで、彼らは遠く離れた山中にある「陳氏の館」にたどり着き、そこに隠されていた不気味なトンネルを探検する。

陳一家は、「大黒仏母」を本尊としている雲南系密教を信仰していた。一家は夜な夜な儀式や霊媒を行い、謎の八文字の呪文「火仏修一,心薩嘸哞」を唱えていて…

もくじに戻る


◆こちらもオススメ

キャスト

台湾 呪詛 キャストプロフィール

画像:呪詛 公式facebookより



リー・ルォナン(李若男)役:ツァイ・ガンユエン(蔡亘晏)

ツァイ・ガンユエン 蔡亘晏

画像:蔡亘晏(爆花)facebookより



生年月日
1987年11月20日
出身
台湾
身長・体重
164cm
学歴
国立台北芸術大学
所属事務所
晨邦国際
出演作
ドラマ「正義的算法(2022)」
ドラマ「黑喵知情(2021)」
など
SNS
InstagramFacebook

シエ・チーミン(謝啟明)役:ガオ・インシュアン(高英軒)

ガオ・インシュアン 高英軒

画像:高英軒mr. Kao facebookより



生年月日
1978年11月24日
出身
台北市
身長・体重
175cm、65kg
学歴
国立台北芸術大学
出演作
映画「第九分局(2019)」
ドラマ「王牌弁護人(2021)」
など
SNS
InstagramFacebook


ドゥオードゥオー(朵朵)役:ホアン・シンティン(黄歆庭)

画像:Huang Ting facebookより



生年月日
2015年10月15日
出身
台湾
出演作
ドラマ「超感応学園(2021)」
など
SNS
Facebook

アードン(阿東)役:ショーン・リン(林敬倫)

ショーン・リン 林敬倫

画像:林敬倫 Sean facebookより



生年月日
1990年9月7日
出身
台中市
身長・体重
176cm
学歴
国立高雄師範大学
所属事務所
dahsi.ent
出演作
ドラマ「あなたに落ちていく(2020)」
ドラマ「粉紅色時光(2020)」
など
SNS
Instagramfacebook

アーユエン(阿原)役:阿Q(温慶禹)

阿Q 温慶禹

画像:阿Q verycute facebookより



学歴
中国文化大学
SNS
InstagramYouTubeFacebook


アーチン(阿清師)役:ボン・ハイイー(彭海義)

ボン・ハイイー 彭海義

画像:彭海義 (Peng Hai-Yi) facebookより



生年月日
9月3日
出身
台北市
出演作
ドラマ「家和萬事興(2011)」
ドラマ「父と子(2011)」
など
SNS
Facebook

ソンキャスター役:ソン・イェンミン(宋燕旻)

画像:宋燕旻 facebookより



生年月日
1986年11月25日
出身
彰化県
学歴
輔仁大学
SNS
InstagramFacebook

不動産業者役:ホン・ユージン(洪毓璟)

画像:洪毓璟 咚咚 Aaron Don Don facebookより



生年月日
1992年9月25日
出身
高雄市
身長・体重
172cm、56kg
学歴
国立中山大学
出演作
映画「月老 ~また会う日まで~(2021)」
ドラマ「茶金(2021)」
など
SNS
Instagramfacebook

もくじに戻る

作品のモデルになった事件

家族の写真

*イメージ画像



映画『呪詛』のストーリーの象徴となっている秘密宗教は架空の宗教ですが、「大黒仏母」のアートワークの評価が高く見た人の中では「本当にある宗教なの?」と勘違いする人もいるといいます。

この『呪詛』のストーリーが持つリアリティは、2005年に実際に台湾で起きた衝撃的な事件がモチーフとなっているからかもしれません。

2005年に台湾南部に位置する高雄市で暮らしていた6人家族が、それぞれ異なる神に憑依されていると主張し、互いに相手を「悪霊」と罵り合い殺人事件にまで発展していたというショッキングなニュースがありました。

「除霊のため」に家族が神札で殴り合ったり、灰を溶かした水を飲んだり、排泄物を食べさせたりなどしていた中、長女が家の中で死亡してしまいます。警察の取り調べを受け、家族は「長女本人ではなく、悪霊が死亡しただけなので放置していた。」などと信じがたい主張をしました。

その後、検察は家族5人を遺棄致死罪で起訴、医師も「家族に精神疾患は見られない」と判断しますが、裁判所は「長女の死因は臓器不全であり、家族は無関係」との判決を出し家族全員が無罪となりました。

〇参考記事(中国語)
  • 自由時報『一家六口起乩 互餵大便』 2005/04/21
  • MIRROR MEDIA『【《咒》真實事件】潑尿吞糞拿神主牌互毆 一家六口全中邪長女慘死』 2022.06.13

  • このセンセーショナルな事件は度々人々に思い出されて来ましたが、この度『呪詛』のストーリーのモチーフとなったことで再び関心を集めています。

    ■こちらもおススメ
    Netflixで中国語学習!絶対使いたい無料機能「LLN」の便利な使い方を紹介!2020
    台湾映画「君の心に刻んだ名前」キャスト、作品概要、主題歌情報などまとめ
    台湾ドラマ『愛は3日後に』キャスト、挿入歌、配信スケジュールまとめ

    1 / 1

    この記事をみんなにシェアする

    関連キーワード 台湾呪詛映画・ドラマPR

    台湾の最新記事

    特集記事

    気になるエンタメ情報を調べる!

    トレタメライター募集中!