嵐とThey武道の先輩後輩エピソードを紹介!

ジャニーズJr.のユニットの中でもEndlessSHOCKなどといった舞台を中心に活動し、その職人のようなレベルの高いパフォーマンスで人気のThey武道。
嵐のコンサートではバックについていることも多く、そんな嵐とThey武道のエピソードを紹介します。

曲の振り付けを後輩が担当!


They武道 <出典:http://wintomorrow.at.webry.info/201605/article_62.html>

ジャニーズの中では屋良朝幸くんが後輩の曲の振り付けを担当したりと、先輩→後輩で曲の振り付けをすることはありますが、それとは反対で、嵐の「I seek」の振り付けをThey武道の江田剛くんが担当しています。

これに関しては、Bメロのみだそうで、2016年5月25日のジャニーズ銀座公演のMCにて判明しました。ちなみにこの振り付けは曲の雰囲気だけでなく、カメラのカット割りも考えた上での振りとなっており、毎回「笑顔が眩しくて」という歌詞は二宮くんが抜かれるのですが、そこも想定したうえでの振り付けだそうで、「江田ちゃん良くやった!」と嵐ファンからも好評です。

大野くん大好き林翔太くん


大野 <出典:http://geinou-catch.com/?p=446>

They武道の中でも強火大野担と言われるのが林翔太くんです。They武道の前身MAD時代から10年近く嵐のバックについており、なんと林翔太と検索すると予測検索で大野智と表示されるほど、ファンにはその大野くん大好きぶりが知られています。

その強火ぶりはすごく、誕生日プレゼントをもって大野くんの楽屋を訪れたり、大野くんを神様と呼んでいた李、同じく強火大野担でおなじみHey!Say!JUMPの知念くんと互角とまで言われるほどです。

大野くんもそんな林くんのことをかわいがっており、コンサートでは絡んだり、誕生日に作品集をプレゼントしたりしている仲です。





グループ全体で嵐推し!


嵐 <出典:http://laughy.jp/1447034270198124278>

They武道も他のジャニーズJr.と同じように、年に数度、ジャニーズ銀座をはじめとするグループ単独でのライブを行うのですが、そのセットリストもやはり良くバックについている先輩の楽曲が多く、その中でも嵐の楽曲が多いです。

定番のライブで盛り上がる曲、新曲はしっかり押さえており、2016年のジャニーズ銀座では、全28曲中「愛を叫べ」「Monster」「ONE LOVE」「sakura」「GUTS!」「Welcome to our party」「ココロチラリ」の7曲を披露し、なんと4分の1というセットリスト。

このようなセットリストから嵐への尊敬がわかり、They武道ファンだけでなく嵐ファンも喜んでいる人がたくさんいました。

ハイレベルなパフォーマンスが凄い!


They武道 <出典:http://laughy.jp/1447034270198124278>

They武道はメンバー全員がジャニーズJr.歴15年と在籍歴がとても長く、そこから培われたハイレベルなパフォーマンスが魅力的なユニットです。毎回嵐のコンサートでもバックのセンター寄りで踊っているので、ぜひ彼らのダンスにも注目してみて下さい!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジャニーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!