8,436 views

グリムから人類を守る少女?『RWBY』のあらすじを紹介

15歳の少女ルビー・ローズが憧れていたのは、闇の怪物“グリム”の脅威から人類を守る“ハンター”。

ある事件がきっかけで、ルビーはハンターの育成学校「ビーコン・アカデミー」へ入学することに。

学校の仲間ワイス、ブレイク、そして姉のヤンの四人は、チームRWBY(ルビー)を結成。
ところが、抜群の戦闘能力を持ちながらも、四人の性格や気持ちはバラバラで、チームワークも最悪……。

謎の組織の陰謀や、グリムの影がひしめく中、はたしてルビーたちは立派なハンターになることができるのか!?

RWBY
出典:コミックナタリー©Natasha,Inc.「RWBY OFFICIAL JAPANESE FAN BOOK 【REVISED EDITION】」≪「RWBY」ファンブック記念イベントで安倍吉俊や村田蓮爾らの合同サイン会≫より
という、ストーリー的には王道の学園モノにファンタジー要素が入った、日本のアニメにはよくある設定。

しかし、いじめや人種差別などの社会問題を取り入れたりするあたりはアメリカ的かもしれません。

キャラクター同士の会話でも、アメリカ人らしいギャグや大げさな身振りなどが満載で、あの勢いのある弾丸トークはなかなか日本のアニメでは見られませんね(笑)


ただし、コメディーシーンとシリアスなシーンの切り替えはとても秀悦で、そのあたりのダークさをコントラスト的に際立たせる特徴は、虚淵玄さん(※)の作品など日本アニメからの影響が強いようです 。

※アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」「翠星のガルガンティア」「アルドノア・ゼロ」「魔法少女まどか☆マギカ」などの脚本を務める。


1 2 3 4 5 6>>

3 / 6

この記事をみんなにシェアする

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!