愛踊祭の本戦出場を決めた次世代アイドルを紹介!


1,284 views

いずれも負けず劣らずの個性派揃い!


まずは北海道代表は「ミルクス」
ミルクス

2015年時点で結成2年と若いグループですが、各メンバーにはそれぞれ担当する音楽ジャンルがあり、バリエーション豊かなパフォーマンスを売りとしています。

東北代表は「りんご娘」
りんご娘

青森県弘前市を拠点とするご当地アイドルで農業活性化をPRしています。歌やダンスの完成度が高いながら、農業活性化というだけあってメンバーで農作業も行う青森を代表するアイドルです。

北陸・甲信越代表は「おやゆびプリンセス」
おやゆびプリンセス

石川県金沢市を中心に活動するグループで、既にメジャーデビューも果たしています。予選会では観衆をうまく煽り、熱狂のライブを繰り広げました。

北関東代表は「水戸ご当地アイドル(仮)」
水戸ご当地アイドル(仮)

状況に応じてグループをイベントなどに溶け込ませる意味で(仮)と名付けられました。一糸乱れぬパフォーマンスは今大会の台風の目となりました。

南関東代表は「柊木りお」
柊木りお

今回予選を通過した中では唯一の1人での出場ですが、すでにネットを通して知名度の高い話題のアイドル。他のグループに負けない歌唱力やダンスを、その無尽蔵なスタミナで披露し続ける根性娘です。

東海代表は「アイドル教室」
アイドル教室

寿司店オーナーがプロデュースする寿司ドルであり、実際メンバーも寿司店でアルバイトをしています。「タダのネタでは終わらない」を合言葉に、圧倒的なパフォーマンスを披露しています。

関西代表は「OSAKA・BB・WAVE」
OSAKA・BB・WAVE

毎週、活動拠点となる大阪の九条でワンマンライブを行うなど実績は充分で、大阪から世界へ元気を送り届ける事を目標とする上昇志向の高いグループです。

中国・四国代表は「SPL∞ASH」
SPL∞ASH

地元広島のアクターズスクール出身のアイドル達で結成されたグループで、サッカーJリーグチームのサンフレッチェ広島のPRを行っています。圧巻のダンスパフォーマンスで観衆を魅了する高い能力を持っています。

最後に紹介するのは九州・沖縄代表の「ヒペリカムではありません。」
ヒペリカムではありません。

息の合ったボーカル、アクロバティックな要素を取り入れたダンスパフォーマンスは予選参加者の中でも一際異彩を放ち、本選大会でもそのパフォーマンス力に注目が集まりました。

 

日本全国にはアイドルの卵たちがいっぱい!

以上見てきたように、いずれも負けず劣らずの強烈な個性を放つグループばかりが本戦に出場した愛踊祭。今後の活躍も非常に楽しみなものになっています。

なおこの決勝大会の様子はテレビ朝日系「musicるTV」で本日10月5日25:26~放送されるので、この中から全国の頂点に立ったアイドルは誰なのか、当日のパフォーマンスも合わせてご覧ください!

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード アイドル愛踊祭

アイドルの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!