35,499 views

伝説的ヘビメタロックバンド「KISS(キッス)」のバンドメンバー紹介

伝説的なヘビメタロックバンド「KISS(キッス)」。
認知度が非常に高く、洋楽に詳しくない方でも名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

KISS <出典:www.mcall.com>

派手なメイクと嗜好を凝らしたライブで知られるKISSは、すでに結成してから40年を超えました。

KISSが国内外音楽シーン、特にヘビーメタルバンドに与えた影響は計り知れません。

ここでは、伝説的ヘビメタロックバンドKISSのバンドメンバーについて詳しくご紹介します。

ジーン・シモンズ(ベース)

ジーン・シモンズはKISSのベーシストボーカリストです。
バンド結成時からのオリジナルメンバーのなかの1人で、KISSの活動以外にもプロデューサーや俳優として活躍しています。
ジーン・シモンズ <出典:ja.wikipedia.org>
KISSのイメージともいえる独特のメイクは、地獄からやってきた悪魔を表しています。

ライブでも火を噴いたり、血を吐いたりと、優秀なパフォーマーでありながら、作詞作曲もこなすアーティストです。ジーン・シモンズは、たびたび過激な発言をすることでも知られています。

2014年にはインタビュー中に発した一言が多くの物議を醸しました。それは「うつ病は死んでしまえ」と言葉尻だけとらえると、とんでもない暴言に思える言葉です。

決して許容して良い発言ではありませんが、ジーンの背景を理解する助けとなります。
ジーン・シモンズ <出典:rollingstonejapan.com>
ジーンはイスラエルからの移民で、母親はナチスのホロコーストを生き抜いた女性です。
そんな母の生き様を見てきたジーンからすると、「たかだか20歳くらいで世の中が残酷だと嘆き、ドラッグやアルコールに手を出して、依存症に陥り、うつ病になっている奴らなんてふざけるな」という意図だったのではと善意的に解釈することもできます。

実際にインタビュー後には、ジーン・シモンズから謝罪文が投稿され、配慮に欠けた発言を謝罪したうえで、うつ病に対しての自らの思いを述べています。

エリック・シンガー(ドラムス)

KISSのヒット曲の多くを作詞、作曲しているギタリストがポール・スタンレーです。
ステージではフロントマンを務め、リード・ヴォーカル、バック・ヴォーカル、MCまでも担当しているKISSの看板的な存在になっています。
ポール・スタンレー <出典:xxxkikimimixxx.blog.fc2.com>
ポール・スタンレーのメイクは、白塗りに右目の周りに大きな黒い星をあしらったものです。

ジーン・シモンズが地獄から来た悪魔に対し、ポールは愛の戦士で、心が読める「STAR CHILD」というキャラクターを表しています。

「愛の戦士」には似つかわしくありませんが、ポールはKISSのライブの最後にギターを叩きつけ壊すパフォーマンスを続けています

ギターを破壊するミュージシャンというと、ジミ・ヘンドリックスやピート・タウンゼント、カート・コバーンなどを思い出しますが、ほとんどが現役を退いている状況です。

しかし、ポールは60歳を超えた現在でも続けています。


トミー・セイヤー(リードギター)

リードギターのトミー・セイヤーはKISSの5人目のリードギタリストです。

2002年に前任者のエース・フレーリーが脱退後し、後任を務めることになりました。
トミー・セイヤー <出典:www.kissmillennium.com>
トミーの経歴は興味深く、KISSの熱烈なファンからスタートし、雑用係、ツアーマネージャーを経て、ついにはメンバーに登りつめた経歴をもちます。

トミー・セイヤーがマネージャーとして行った功績は大きく、キッスの歴史書である「KISSTORY」の編集や、「キッス・コンベンション」の企画、キッスの映像を記録した「Second Coming」などにも携わっています。

それゆえ、KISSを客観的に、ファンの視点からも分析できる冷静な男として、他のメンバーからも絶大な信頼を得ています。



エリック・シンガー(ドラムス)

ドラムスはエリック・シンガーです。これまでにもドラムスは入れ替えがあり、エリック・シンガーは3人目となります。

しかし、同じメンバーが脱退、加入を繰り返すこともあり、エリック・シンガーは2004年以降、3回目の加入になりました。
エリック・シンガー <出典:ticketcamp.net>
エリックのメイクはキャットマンを表しています。

1991年にKISSのメンバーとして活動していた頃は、メイクをしないスタイルだったため、前任者のピーター・エリックのメイクを引き継ぐ形となりました。

ドラムスの腕は評価が高く、ヘビメタ好きにとって認知度が高いブラック・サバスやバッドランズでも活躍したことがあります。


おわりに

伝説的なヘビメタロックバンド「KISS(キッス)」のバンドメンバーについて詳しくご紹介しました。

個性的なメイクに演出、生い立ちなど、目立った情報が多いKISSですが、音楽性も大変高い評価があるバンドです。
KISS <出典:www.mankatofreepress.com>
20枚あるKISSのアルバムからお気に入りの1枚を探してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー
タグ KISS

この記事を見た人はこんな記事も見ています

HR/HMの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!