11,780 views

観劇に行くと無事に帰れるか心配される?雪組公演「ドン・ジュアン」をレビュー!

色気全開のポスターが話題になった「ドン・ジュアン」

主演の望海風斗さんのダダ漏れる色気と、後姿の3人の娘役さんたちにファンのみならず、見た人全員が悶えたポスターだったのではないでしょうか?

Twitterでも話題になりましたね♪♪すみれコードぶっちぎりな内容になるのではないかとドキドキしてしまいますが、落ち着いて見どころをお伝えします!

ヅカ的お芝居と外部的演出で魅せる


ドン・ジュアン <出典:http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2016/06_donjuan/>

今回のお芝居の見どころは、何と言ってもフランス産ミュージカルの日本初上演という所です。

フランス産ミュージカルと言えば「ロミオ&ジュリエット」が記憶に新しいですが、「ドン・ジュアン」もこれに続く名作になるのではないでしょうか。

歌われる楽曲は難曲が多く、歌ウマ専科さん(勝手に命名しました!

勿論、お上手なのは歌だけでない事は皆さんご存知!)の英真なおきさん、美穂圭子さんもご主演です!

難曲ながら耳に残る曲が多いのも特徴です。踊りもコンテンポラリーからフラメンコまで、がっつりと見せてくれます。

また、望海さん演じるドン・ジュアンはプレイボーイということで、娘役の皆さんと絡みまくっています。

これはヨダレものです。いつもの宝塚と少し違うのぞ様を見れちゃいます!





目が足りない!個性的な登場人物


ドン・ジュアン <出典:http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2016/06_donjuan/poster.html>

主役がプレイボーイですので、それを取り巻く登場人物も個性豊か。

あれもこれもお伝えしたいのですが、特に注目ポイントに絞ってみました。

二番手格のドン・カルロを演じるのは彩風咲奈さんです。

結婚したい男NO.1と娘役さん達に言わしめるイイ人の役どころ。イイ人って難しいとおっしゃっていましたが、果たしてどんな仕上がりになっているのでしょうか?

ヒロインのマリアを演じるのは「るろうに剣心」で明神弥彦を演じた彩みちるさんです!

今回、小劇場初ヒロインを射止めました。

自由で大人っぽく芯の強い人物ということで、彩さんの新たな一面が開花するのが楽しみです!

初スチールも発売されましたね!

そしてスチールと言えば、発売時に話題をさらったのは香稜しずるさんでした。

筆者は画像を見て固まりました(笑)想像していた騎士団長との違いに驚きましたが、もう納得です。

がおりさんのフラメンコも必見です!

ドン・カルロの子供時代を演じる野々花ひまりさんは、男役でも躊躇しそうな振り付けを最初から体当たりでお稽古したということもあり、新たな一面を開花させたひとりです。

下級生娘役さんながら、攻めています。

スペインの情熱的で、人間的な空気漂うこの公演は、胸を抉られる何かをもらえる事間違いありません!

望海さん曰く「覚悟して見に来てください!」とスカイステージでおっしゃっていたので、いろんな意味で覚悟をして観劇しに行きましょう!

KAAT神奈川芸術劇場 2016年6月18日~6月26日
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 2016年7月2日~7月12日

著者:葵慎望琴

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!