今日からサク読み!トレタメアプリ

6,741 views


目が足りない!個性的な登場人物


ドン・ジュアン

主役がプレイボーイですので、それを取り巻く登場人物も個性豊か。

あれもこれもお伝えしたいのですが、特に注目ポイントに絞ってみました。

二番手格のドン・カルロを演じるのは彩風咲奈さんです。

結婚したい男NO.1と娘役さん達に言わしめるイイ人の役どころ。イイ人って難しいとおっしゃっていましたが、果たしてどんな仕上がりになっているのでしょうか?

ヒロインのマリアを演じるのは「るろうに剣心」で明神弥彦を演じた彩みちるさんです!

今回、小劇場初ヒロインを射止めました。

自由で大人っぽく芯の強い人物ということで、彩さんの新たな一面が開花するのが楽しみです!

初スチールも発売されましたね!

そしてスチールと言えば、発売時に話題をさらったのは香稜しずるさんでした。

筆者は画像を見て固まりました(笑)想像していた騎士団長との違いに驚きましたが、もう納得です。

がおりさんのフラメンコも必見です!

ドン・カルロの子供時代を演じる野々花ひまりさんは、男役でも躊躇しそうな振り付けを最初から体当たりでお稽古したということもあり、新たな一面を開花させたひとりです。

下級生娘役さんながら、攻めています。

スペインの情熱的で、人間的な空気漂うこの公演は、胸を抉られる何かをもらえる事間違いありません!

望海さん曰く「覚悟して見に来てください!」とスカイステージでおっしゃっていたので、いろんな意味で覚悟をして観劇しに行きましょう!

KAAT神奈川芸術劇場 2016年6月18日~6月26日
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 2016年7月2日~7月12日

著者:葵慎望琴

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!