2,722 views



川谷絵音

https://www.instagram.com/p/Brc8kIwAUge/
indigo la End、ゲスの極み乙女。などのフロントマンとして活躍中の川谷絵音が作詞、作曲、ギターを担当。

メジャーで活躍するindigoとゲスの二つを掛け持ちしているだけでもかなり忙しそうなのにそれに加えてichikoroとジェニーハイも参加しており、一体いつ寝ているのか…とこっちが心配になるほど。「ジェニーハイラプソディー」では「掛け持ちさせたらこっちのもん」と歌っています。

中嶋イッキュウ


toricotではギターボーカルを担当。ジェニーハイではボーカルを担当しています。

艶っぽい声が特徴的でtoricotではグッズデザインも担当しています。ソロプロジェクトであるSUSU by Ikkyu Nakajimaではアパレルブランドを展開。独特なセンスで作られるグッズは超入手困難の大人気商品です!

MVでは中嶋イッキュウの美脚が光る魅力的な衣装を着ていますね!

toricotは最近海外での評価が高まってきており海外ツアーに呼ばれるなどその活躍を世界に広げています。そういうこともあり「ジェニーハイラプソディー」では「海外行かせりゃこっちのもん」と歌っています。

くっきー

View this post on Instagram

#告ってよぉ #告ってフラれちまって #落ち込んでるお前やお前 #なんで落ち込む? #万がイチ付き合えてだからどう? #デートしたい?旅行したい? #なにそれ? #ツレでもできんじゃん #そっちのが良くねぇーか? #付き合っちまったら #嫉妬したり嫌なトコ見つけたりしてよぉ #辛い思いするだけよぉ。 #だからフラれたからって気にすんなっ #んっ?いやっ!まてよっ #ヤリてぇーのか? #ヤリてぇーから付き合うのかっ? #そっかぁー盲点だった #それならそれで言ってくれよぉ #俺がヤッてやる #付き合わねぇーでヤッてやる #ケツ出せっ #クセェーなぁ #消毒してきてくれ #マジでマジでっ #顔もキツイなぁ #紙袋かぶせるぞっ #おんっ? #いいじゃない #童貞だもの… #にくを❤︎

A post shared by 肉糞 太郎 (@nikuguso_taro) on


お笑いコンビ、野性爆弾のくっきーはベースを担当しています。

くっきーといえば型破りな発言ですが実はかなり多彩で他のバンドではギターを担当したり、アーティスティックな絵を描いたりしています。ジェニーハイのデビュー曲「片目で異常に恋してる」ではジャケットのイラストを担当するなどジェニーハイでもその才能を発揮しています。

バライティー番組にひっぱりだこの彼は「バライティー出りゃこっちのもん」と歌っています。

小籔千豊

View this post on Instagram

こんなイベントにいったよ🌸 新・一番搾り 完成パーティ😊 一番搾りが新しくなったやて💕一番搾りがさらに進化しててびっくり🥰飲みやすいんかい❗️えー加減にしーや❗️ってなりますよ🤩 なぜ、こんな晴れがましいパーティにお呼ばれしたかとゆーと🎊5月から東京FMでラジオが初まりますよ㊗️㊗️㊗️good #KIRIN #新一番搾り #新おいしい #東京FM #good_luck_live #土曜日夕方16時から #毎回アーティストがっつりライブやってくれるラジオ #勉強なりそ #すげーバンドいっぱい生で見れる #やばみ #草生える #ありよりのあり #バンドすこ #ライブふぁぼ #聞いてンゴ #ラジオよき #リアタイで聞いてね #イケボになるようにがんばルンバ #あかん #無理して若い言葉ゆーてたら #おっさん感でてもた #体力の限界 #普段オバタリアンと話してるから #新人類にはついていかれへん

A post shared by 小籔千豊(吉本新喜劇) (@koyabukazutoyo_shinkigeki) on


テレビだけでなく新喜劇の劇場公演も行なっている小籔千豊はドラムを担当しています。

他のメンバーに比べると経験豊富という訳ではなさそうですが練習熱心のようで山口美代子氏にドラムを教えてもらっているようです。

かなり長身でその雰囲気はジェニーハイの個性的な見た目を底上げしています。

新垣隆


もしかしたら「ガッキー」と呼ばれている彼だけ見たことがないという人もいるかもしれませんが佐村河内守氏のゴーストライターをしていた方と言われればピンと来る方も多いと思います。

ゴーストライター騒動が起きる前は音楽大学の教員もしていた本格的な作曲家ですがジェニーハイではキーボードを担当しています。

ロックバンドとは無縁の経歴でしたが小籔千豊がメンバーとして紹介し参加となりました。


テレビの企画といえど曲は川谷絵音らしい楽曲と個性的なメンバーだからこそできる映像は本格的なものとなっています。

これからのジェニーハイがどうなっていくのか、目が離せないですね!

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

Jpopの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!