今日からサク読み!トレタメアプリ

ジャニーズWESTが大阪マラソン2015に参戦!結果と裏話は


7,176 views

2015年10月25日に開催された大阪マラソン2015にジャニーズWESTの中間淳太くん・神山智洋くん・濱田崇裕くんの3人が参加しました。この様子は「育ジャニ!」でも紹介されましたが、彼らの大阪マラソンのエピソードを紹介していきます。


ドクターストップを乗り越えて…


神山くんは今回の大阪マラソンは初挑戦で、当初はタイムのノルマが課されていたものの、ヒザの古傷が悪化してしまい、ドクターストップがかかってしまいました。とても負けず嫌いな神山くんなので、それだけでも相当悔しかったのではないかと思われますが、それでも完走することを目標にトレーニングを積んでいました。

 

やはり大阪マラソン当日もゴールが近づくにつれて左足をかばいながら走っているようにも見えましたが、何とか6時間37分でゴールすることが出来ました。

ギリギリの状態でもなんとかゴール!


ジャニーズWESTでも切れの良いアクロバットやダンスを披露している濱田くん。運動は得意そうではありますが、やはり身体が細いというのもあり、持久走は苦手とのことでした。

そうではあるものの、練習メニューは順調にこなしていて、マラソン経験者中間くんに追いつくのではと言われていたほど。

 

そんな濱田くん、やはり当日になると42.195kmという距離は長かったのか、一番辛そうな表情をして走っていました。ゴールできるのか?と言われてもいましたが6時間45分というギリギリのタイムでなんとかゴールすることができました。

2度目の挑戦の結果は


中間くんは濱田くん・神山くんとは違い、大阪マラソンは2度目の挑戦です。そのため、中間くんに課されていたタイムは3時間30分であり、トレーニングも余裕の表情でこなしていました。

 

しかし、当日になるとそう上手くはいかず、中間くんがゴールしたタイムはノルマの1時間後。そのため、達成感に満ちた表情でゴールした2人とは違い、とても悔しそうな顔をしていて、ファンに対してもかっこ悪いとこ見せてごめんというコメントを残していましたが、そんな中間くんに対してファンからはそんなことないよ!という声で溢れました。

メンバー全員が成長できた企画


3人それぞれのエピソードがあった大阪マラソン2015でしたが、参加した3人だけでなく、応援に回ったメンバー4人も成長することが出来る企画でした。

 

頑張る3人だけでなく、3人の姿に泣きそうになりながら応援しているメンバーの姿に心を打たれた人も多いのではないでしょうか。

 

[amazonjs asin="4847048059" locale="JP" title="ジャニーズWEST CALENDAR 2016.4-2017.3"]

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

デビュー組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!